ダニの撃退方法(基本・たまに刺される時・大量発生時)、原因・種類

この記事は約8分で読めます。

  • ダニに刺されて痒い
  • ダニに刺された跡が残る
  • ダニはアレルギーの原因になる

ダニに刺されると痒いし噛まれた跡が残ることがあるので絶対に刺されたくないですよね?

私もダニに刺された跡が消えなくて皮膚科で塗り薬をもらいましたが今でも跡が残っています。

基本のダニ撃退方法・ダニにたまに刺される時の撃退方法を場所別に・ダニが大量に発生したときの撃退方法・ダニが家庭に増えた原因・ダニの種類をお伝えします。

お急ぎの方はこちら【ダニ捕りロボ】ダニが気になる場所に置いておくだけ!

スポンサーリンク

基本のダニ撃退方法

ダニを撃退する基本は湿度を低めに保つことです。

ダニが繁殖する湿度は60~80%と言われています。

60%以下の湿度の場所ではダニは生息しにくくなります。

湿度を下げるには

  • 換気をする
  • エアコンの除湿機能を使う

でダニの繁殖を抑えましょう。

スポンサーリンク

ダニにたまに刺される時の撃退方法

ダニは室内のあらゆる場所にいます。

ダニを撃退する方法はダニが生息している場所を継続していつも掃除することです。

ダニにたまに刺される程度なら次にご紹介する撃退方法がいいでしょう。

場所別に説明します。

寝具類

ダニは人のフケやアカが大好物です。

寝具類はフケやアカが溜まりやすいですし寝ている間に出るで布団の中の湿度が高くなります。

寝具類はダニが一番繁殖しやすい場所になります。

布団

布団干し

布団干し

布団の場合は高温で乾燥をしたほうがいいので3ヶ月に1回ぐらいコインランドリーの高温乾燥機に30分ぐらいかけるか家庭用の専用の布団乾燥機でダニの駆除をしましょう。最近の布団乾燥機はダニ退治モードを搭載しているので便利です。

高温乾燥機にかけたあとはダニの死骸が大量に布団にとどまったままです。

ダニの死骸はアレルギーの原因になるのでしっかりと掃除機をかけて布団にいる大量のダニの死骸を吸いましょう。

布団を太陽に当てて干すことはダニの撃退には不十分といわれますが、やらないよりはいいでしょう。

太陽に当てて干す場合は布団たたきはしないようにしましょう。

布団たたきをするとダニの死骸や糞が細かくなって布団の表面に出てきて、寝ている間に吸い込んでしまいアレルギーの原因になります。

また、布団を叩くことで中綿が壊れてしまうためクッションや断熱性や保温性の機能がダメになってしまいます。布団を太陽に当てたあとはダニの死骸や糞を掃除機で吸い取るだけにしましょう。

マットレス

マットレスにダニ

マットレスにダニ

マットレスもダニが増えやすい場所です。

コナヒョウダニは50度以上で10分で死滅するのでマットレスに付いているカバーの側生地(がわきじ)が外せるなら高温で洗濯機で洗い乾燥させればいいです。

しかし50度以上のお湯が入れられない洗濯機ではこの方法が使えません。

また側生地が外せないタイプのマットレスはクリーニング業者も取り扱ってないことが多いので布団乾燥機か「ダニがいなくなるスプレー」などのダニ退治スプレーで退治してください。

ダニは夜行性なので布団乾燥機で撃退するときは1時間くらい部屋を暗くしてダニがマットレスの表面に出てくるまで待ちましょう。

カーペーット

カーペーット

カーペーットにダニ

カーペットを敷いてある部屋がダニにとって温度も湿度も適度な時に人間のフケ・髪の毛・食べかすなどを餌として繁殖していきます。

カーペットのダニの撃退方法はスチームアイロンがおすすめです。スチームアイロンは100度以上の蒸気をカーペットに送れます。

スチームアイロンをかける方法

スチームアイロンをかける

スチームアイロンをかけましょう

マットレスに布団乾燥機をかけたときと同じように部屋を1時間ほど暗くしてダニが表面に出てくるのを待ちましょう。

1時間ほど待ったら掃除機をかけて表面にいるダニを吸み込みましょう。

カーペーットの焦げ付き防止のため濡らしたタオルを固くしぼって上に敷きます。濡れたタオルを敷いたら1ヶ所あたり30秒を目安にして温度を強に設定してアイロンのスチームをカーペットに当てます。

最後にもう一度、死滅したダニを掃除機で吸い取ります。

「アイロンがけはできません」というカーペットにスチームアイロンをかけたい場合は低温で様子を見ながらやってみましょう。

畳

畳にもダニ

畳にもダニのエサになる人間のフケ・髪の毛・ダニの死骸・糞などが落ちていてダニが繁殖しやすいです。

畳のダニ撃退方法は畳を外して天日干しにすることです。天日干し後にはしっかりと掃除機をかけてダニの死骸を吸い取りましょう。

畳を外すのが大変な場合は畳にも布団乾燥機がかけられますので畳と掛け布団の間で布団乾燥機を使って1畳ずつかけましょう。

布団乾燥機をかけ終わったら掃除機も忘れずにかけましょう。

ソファ

ソファ

ソファにダニ

布張りのソファもダニの餌となるフケや食べかすが付着しやすいので繁殖しやすいです。

布カバーが外せるなら洗って乾かしてカバーを付ける前に掃除機をしっかりかければ大丈夫です。

布カバーが外せないタイプのソファーの場合はマットレスや畳と同じで布団乾燥機をかけてダニを撃退させてから掃除機で吸い取ります。

スポンサーリンク

ダニが大量に発生したときの撃退方法

ダニ駆除用の燻煙剤を使う

ダニ駆除用の燻煙剤

ダニ駆除用の燻煙剤

上記のダニの撃退方法をやってもダニに刺されるのならば大量にダニが発生しているので市販の「ダニ駆除用の燻煙剤」を使いましょう。

ダニ駆除用の燻煙剤でダニを撃退したあとはフケや髪の毛や食べかすなどを除去するために毎日念入りに掃除機をかけましょう。

そして先程ご紹介した布団やマットレスやカーペットや畳やソファーなどのダニ対策もこまめに行いましょう。

ただ、燻煙剤はダニが大量発生している場合一度の使用ではダニを退治しきれずすぐにまた増えてしまうケースが多いです。

ダニ捕りロボを使う

置くだけで安全にダニ退治をしてくれる【ダニ捕りロボ】という商品があります。

「ダニ捕りロボ」はダニをおびき寄せて乾燥させます。

1)大量捕獲
ダニ捕りロボの内部にダニが好む誘引剤を仕込んであり、布団等の奥に潜り込んだチリダニ・ツメダニ等を引き寄せます。

2)ダニの弱点の「乾燥」で退治
ダニは約80%が水分です。誘引剤中の吸湿性セラミックがダニの体表等に付着し水分を奪い退治します。

※商品内のダニは100%退治※
JISに準拠した「防ダニ試験」で「ダニ増殖抑制率100%」として証明されています。

3)退治したら逃がさない
ダニ捕りロボ内の死骸は不織布を重ねたマット内に閉じ込められます。使用後はそのまま捨てるだけ!

【国内外の検査機関で各種安全性が立証されています】
化学性殺虫成分0で安心!
商品の誘引剤は食品粉末・ビール酵母・食品添加物など自然由来の成分のみ。
お子様やペットがいるご家庭でも安心!

ダニの駆除を業者に依頼する方法もありますが平均的な基本料金の相場は10平米あたり15,000~25,000円になります。

ダニ捕りロボは3ヶ月間と長い効果があり1日約18円で対策ができます。
初回は本体ケース付!3ヵ月後は詰替え商品のみでOK。コスパ抜群です。

置くだけ簡単で手間いらずの「ダニ捕りロボ」で安心・安全で痒くない毎日を手に入れましょう。

【ダニ捕りロボ】ダニが気になる場所に置いておくだけ!
スポンサーリンク

ダニが家庭に増えた原因

日本で屋内のダニが増えたのは1960年代からの高度経済成長期だといわれています。

それまでの日本の家屋は障子などで風通しが良かったのですが鉄筋コンクリートでできたマンションや団地などの密閉されて風通しが悪い住宅が多くなったことがダニが増えた原因になっています。

スポンサーリンク

ダニの種類は?

普通の家庭で布団にいるほとんどのダニは「チリダニ」といわれるダニです。

チリダニの死骸や糞はアレルギーの原因になります。

チリダニは「コナヒョウヒダニ」と「ヤケヒョウヒダニ」という2種類います。1匹のコナヒョウヒダニは生きている間に60~80個、ヤケヒョウヒダニは生きている間に50~90個卵を生みます。

人が刺されて痒くなる原因になるのは「ツメダニ」です。ツメダニはチリダニなどを食べます。

スポンサーリンク

まとめ

  1. 基本のダニ撃退方法
    換気をする
    エアコンの除湿機能を使う
  2. ダニにたまに刺される時の撃退方法
    1. 寝具類
      1. 布団
      2. マットレス
    2. カーペーット
      1. スチームアイロンをかける方法
    3. ソファ
  3. ダニが大量に発生したときの撃退方法
    1. ダニ駆除用の燻煙剤を使う
    2. ダニ捕りロボを使う
  4. ダニが家庭に増えた原因
    鉄筋コンクリートでできたマンションや団地などの密閉されて風通しが悪い住宅が多くなったこと
  5. ダニの種類は?
    人が刺されて痒くなる原因になるのは「ツメダニ」です。ツメダニはチリダニなどを食べます。

ダニは気をつけて撃退しなければすぐに簡単に繁殖してしまいます。

毎日や定期的にしっかり掃除をしてダニを撃退してアレルギーや刺されないようにしましょう。
【ダニ捕りロボ】ダニが気になる場所に置いておくだけ!

暮らし・生活
スポンサーリンク
まろやか情報局
タイトルとURLをコピーしました