キッチンシンクの掃除の仕方!汚れ別掃除の仕方とオススメ洗剤

この記事は約5分で読めます。
キッチンシンクの掃除の仕方!

キッチンシンクの掃除の仕方!

キッチンシンクは毎日使うものなのですぐに汚れてしまいますよね。

掃除は面倒ですが、汚れを放置しておくと汚れが取りにくくなります。

キッチンシンクの汚れの原因、汚れ別掃除の仕方とオススメ洗剤、排水口のお掃除の仕方などをご紹介します。

水の通るところは風水でお金が集まるところです。シンクをキレイにするとお金が集るかもしれないので一石二鳥です。ぜひこの記事の方法を使ってシンクをきれいにしてみてください。

スポンサーリンク

キッチンシンクの掃除の仕方!

キッチンシンクはすぐに水垢やカビが発生します。1週間以上シンクの掃除をさぼってしまうと排水口が詰まったり、カビが繁殖したりで大変なことになります。

毎食後に一通りきれいにして、毎週1回、徹底的に掃除すればきれいな状態が保たれます。

キッチンシンクの汚れの原因は?

キッチンシンクの汚れの原因は、

  1. 白っぽい汚れのほとんどは水垢
  2. 白っぽい汚れで水垢と同じ掃除の仕方をしても取れない場合は石鹸カス
  3. ステンレスでもっとも多いもらいさび

の3種類です。

キッチンシンク汚れ別掃除の仕方とオススメ洗剤

1.水垢

白い汚れは水垢です。掃除に使うものは薄めた酸性であるクエン酸です。ドラッグストア・スーパー・100均で売っています。

クエン酸を水で混ぜたクエン酸スプレー(水200ミリリットルに対してクエン酸小さじ1杯5g)を作り、よごれているところにスプレーします。

シンクの側面は、スプレーすると流れてくるのでクエン酸水をキッチンペーパーなどに浸し、30分~数時間放置したあとスポンジでこするととれます。

2.石鹸カス

石鹸カスとは、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムと、石鹸の脂肪酸が結合してできたものです。石鹸カスは酸性の成分が多く含まれています。

重曹が効果的です。

掃除のやり方は、

  1. 重曹をそのまま、まんべんなくふりかけます。
  2. そして30分~1時間ほど放置してふき取りましょう。

もし、重曹で落ちなければ、セスキ炭酸ソーダが効果的です。セスキ炭酸ソーダは重曹と同じアルカリ性ですが、重曹より強いアルカリ性なので、頑固な汚れがひどいところにスプレーして10分間放置し、ふき取るときれいになります。

3.もらいさび

実際はステンレスはそんなに錆びませんが結局は金属なので、あくまで「さびにくい」というだけで金属ですから100%サビないということはありません。

ステンレスでもっとも多いのは「もらいさび」です。さびやすい金属のお鍋や缶詰などをシンクにおいておくとステンレスにもそのサビが移ってしまいます。

予防としては、さびやすいものを長時間おかないことです。

ステンレスには酸化被膜という膜があります。酸化皮膜はステンレスの表面に発生する薄い膜なので、塩素系の漂白剤で強く擦ってしまうとはがれてしまいますが、普通ならすぐ自然に再生します。

ほかにもサビの原因になる理由として、塩分の濃度が高いお味噌汁やおしょうゆを放っておくとサビの原因になります。

掃除方法としては、まず重曹を使った石鹸カスの掃除方法と同じやり方を試してください。軽いものならおなじ掃除方法で、何回か繰り返すと少しずつとれていきます。

重曹でも落ちなさそうな頑固なサビはクリームクレンザーを使います。やり方はシンプルでスポンジに普通のクリームクレンザーをつけてサビの部分をこするだけです。1度で落ちない可能性は高いですが、何度も繰り返すことで消えます。

しかし、注意点が1つあります。研磨剤が入っているクリームクレンザーを付けるとステンレスが傷つき、カビなどが発生する原因になります。

なので、研磨剤の入っていないマイルドタイプのものと台所布巾などを使うようにしてください。

キッチンシンク排水口のお掃除の仕方

食べかすや油汚れなど、食器洗いの時に使う水はすべて排水口を通るため、排水口がぬめりや黒カビの温床になります。

排水口は重曹・クエン酸水を使ってきれいにします。

掃除方法は、排水口に重曹を万遍なく振りかけ、その上からクエン酸をかけ、ぬるま湯を少しづつかけていくことで二酸化炭素の泡がでて汚れが落ちやすくなります。

そして少し経ったらお湯ですこしずつ洗い流します。めんどくさがってここで放置すると逆に汚れが固まってしまいます。

細かい汚れが残っている場合は古い歯ブラシや台所用の布巾でこすりましょう。

窓やドアを開放して掃除をすることをおすすめします。

排水口のヌメリを防止するために、排水口を掃除した後のキレイな状態の排水口にアルミホイルを1~2個丸めて入れておきましょう。水に濡れたアルミホイルから出る金属イオンがヌメリの元の雑菌が増えるのを抑えてくれます。

スポンサーリンク

まとめ

キッチンシンクの汚れの原因は?

  • 白っぽい汚れのほとんどは水垢
  • 白っぽい汚れで水垢と同じ掃除の仕方をしても取れない場合は石鹸カス
  • ステンレスでもっとも多いもらいさび

キッチンシンクの汚れ別掃除の仕方とオススメ洗剤は?

・水垢・・・クエン酸を水で混ぜたクエン酸スプレー(水200ミリリットルに対してクエン酸小さじ1杯5g)を作り、よごれているところにスプレーします。

・石鹸カス・・・重曹をそのまま、まんべんなくふりかけます。そして30分~1時間ほど放置してふき取ります。もし、重曹で落ちなければ、セスキ炭酸ソーダが効果的です。

・もらいさび・・・重曹を使った石鹸カスの掃除方法と同じやり方を試してください。軽いものならおなじ掃除方法で何回か繰り返すと少しずつとれていきます。頑固なサビは研磨剤が入っていないクリームクレンザーで磨きましょう。

キッチンシンク排水口のお掃除の仕方は?

排水口に重曹を万遍なく振りかけ、その上からクエン酸をかけ、ぬるま湯を少しづつかけていくことで二酸化炭素の泡がでて汚れが落ちやすくなります。

そして少し経ったらお湯ですこしずつ洗い流します。細かい汚れが残っている場合は古い歯ブラシや台所用の布巾でこすりましょう。窓やドアを開放して掃除をすることをおすすめします。

排水口のヌメリを防止するために、排水口を掃除した後のキレイな状態の排水口にアルミホイルを1~2個丸めて入れておきましょう。

お掃除、頑張ってください!

関連記事:

お風呂掃除の頻度(浴槽・シャワーのみ・エプロン・壁・床・排水溝)と洗剤選び
お風呂掃除の頻度はどれくらいがいいのでしょうか? お風呂の掃除は面倒くさいですが、掃除しないとすぐに皮脂汚れ・水垢・石鹸カス・カビが付いてしまいます。 浴槽、シャワーのみ、エプロンを外す、壁・床、排水溝のお掃除頻度と、洗剤選びについてお伝えいたします。
タイトルとURLをコピーしました