正月の鏡開きはいつ?関東と関西では違うらしい?由来や太る?

この記事は約5分で読めます。

 

正月の鏡開きは1月11日だと記憶していましたが、地域によって違うみたいなので調べて見ました。

関東と関西では違うらしい

自分が記憶していた1月11日というのは関東地方を中心とした一般的な日で、関西地方は1月20日に行うことが多いらしいです。

もともとは全国的に1月20日に行われていたようです。なぜ関東地方では1月11日になったのでしょうか?それは1651年4月20日に江戸幕府の第3代将軍だった徳川家光が亡くなったからです。徳川家光の月命日が20日なので20日を避けて11日になったそうです。

そもそも鏡開きは松の内が明けてから行われるものです。もともとの松の内は1月15日までで5日後の1月20日に鏡開きが行われていました。

関東では鏡開きが1月11日に変更されたので松の内も1月7日に変更されましたが、関西では松の内も鏡開きも変更されなかったのでいままでどおり松の内が1月15日まで鏡開きは1月20日ということです。

あと京都府や近隣の一部では古くからの風習で、鏡開きをお正月の三が日が過ぎて1月4日に行うそうですが、その理由ははっきりとはわかっていないようです。でも三が日が終わって次の日の4日に鏡開きでも理にかなっていると思います。

鏡開きとは

そもそも鏡開きとはなんでしょうか?由来としてはいつ始まったかは不明のようですが、室町時代には原型があったようです。江戸時代に武家で具足に供えた鏡餅を雑煮などにして食べていました。具足とは甲冑や鎧・兜のことです。また女性が鏡台にお供えした鏡餅を開くことを「初顔」を祝うといいました。この武家社会の風習が一般的になったものが鏡開きです。

武家社会から始まっているので刃物で鏡餅を切るのは切腹を意味させるものだとして良くないので、刃物ではなく手や木槌で割っていました。「切る」「割る」という言葉は縁起が悪いので「開く」という言葉になりました。

現在でも、お正月に歳神様に鏡餅を供えます。その鏡餅をさげて食べることで神に感謝して1年間の無病息災を祈ります。

神様へのお供えものなので松の内に下げてはいけませんし、松の内が明けて歳神様がおかえりになられてお供えが終了したらおろして食べましょう。

開いた時に、鏡餅が多く割れると今年は豊作になると信じられていました。

なぜ鏡なのでしょうか?

鏡餅という名前は昔の鏡に似ているからです。三種の神器の1つで青銅で出来ていて丸い形をしていて神事に用いられていました。

鏡餅の食べ方

鏡は円満を開くは末広がりを現しています。関東では1月11日、関西では1月20日になりますが、鏡開きとして手や木槌で餅を食べやすい大きさに切り分けます。一般的には、おしるこやお雑煮で食べます。

現代ではスーパーで売られているパックの鏡餅はパックのおかげで乾燥してはいないのでたたき割ることは出来ません。ですが包丁で切るのも昔からの言い伝え通りにやれば好ましくありません。なので、鍋で煮るか電子レンジでチンして温かくしてから適当な大きさに「手でちぎる」という方法なら包丁を使わなくても大丈夫です。その際に注意したいのがやけどです。手を少し水で濡らして餅に張り付かないようにしながら手際よくちぎりましょう。

正月以外の鏡開きとは?

鏡開きと言えばお正月以外でも聞くことがありますよね。そうです。おめでたい時に酒樽を数人で小槌で割りますよね。あれです。鏡開きは鏡餅を割って食べることでも酒樽の蓋を開くことでも、両方共、新たな門出や区切りの時に、関わりのあるみなさんの健康や幸せを祈り、成就を願います。

どうしてお餅なの?

お正月にお餅を食べる理由ですが、「歯固めの儀」という平安時代に宮中で健康と長寿を願って行われたお正月の行事に由来するそうです。お餅はお正月などのハレの日の行事には必要な縁起物の食材となっています。歳神様にお供えしたお餅を神棚からおろしていただくことで今年1年の健康を祈ります。またお餅は伸びるために長寿願う意味も込められています。

お餅の成分は?

お餅はもち米を加工して作ります。ご飯として普段食べている普通のお米を「うるち米」といいます。うるち米はアミロースとアミロペクチンがおよそ2:8の割合で含まれていますが、もち米の成分はアミロペクチンのみでアミロースを含んでいません。このアミロペクチンがお餅の粘りのもとなのです。

お餅は太る?

お餅の100gあたりのカロリーは234.9kcalです。スーパーで売られている切り餅は1個50gなのでカロリーは117.45kcalです。ご飯茶碗一杯分のご飯は160gでカロリーは269kcalです。お餅をご飯と同じ重さの160g食べたら375.84kcalになりますので、お餅の方がカロリーが高いのがわかります。ですが、お餅は歳神様の魂が込められた縁起物なので無病息災と長寿を祈りながらいただきましょうね。ただし、食べすぎには注意してくださいね。

まとめ

・鏡開きは関東地方を中心とした一般的な日が1月11日で、関西地方は1月20日に行うことが多いですが京都府や近隣の一部では1月4日です。
・鏡開きは武家社会の風習が一般的になったものです。
・鏡餅という名前は昔の鏡に似ているからです。
・鏡餅は一般的には、おしるこやお雑煮で食べます。
・酒樽の蓋を開く鏡開きでも、新たな門出や区切りの時に、関わりのあるみなさんの健康や幸せを祈り成就を願います。
・お正月にお餅を食べる理由ですが、「歯固めの儀」が由来です。
・アミロペクチンがお餅の粘りのもとです。
・お餅は食べすぎると太りますが、ありがたい食べ物なので感謝していただきましょう。

タイトルとURLをコピーしました