七草粥はいつ食べる?七草粥を食べる理由と由来は?

この記事は約5分で読めます。
春の七草粥

七草粥

お正月に七草粥を食べる風習があります。

  • 七草粥はいつ食べるのでしょうか?
  • 七草粥を食べる理由と由来は?

を、調べてみましたので、良かったら最後までごらんください。

スポンサーリンク

七草粥はいつ食べる

五節句の中で最初に訪れる人日(じんじつ)の節句(1月7日)の朝に食べます。

中国から伝わった1月7日の人日(じんじつ)の風習と古代からあった日本の風習1月15日の小正月(こしょうがつ)の風習が混ざり、1月7日に「七草粥」が食べられるようになったと考えられています。

いまでも雪深い北陸地方や東北地方では、1月7日の七草粥のかわりとして、小豆粥を食べる地域があります。

スポンサーリンク

七草粥を食べる理由

その年の1年の無病息災を祈願して食べるという理由と、お正月に食べたお祝いのご馳走などの食べ過ぎで弱ってしまった胃腸を休息させてあげるためという理由があります。

スポンサーリンク

七草粥の由来

七草粥の歴史

七草の原点は、古代の日本で「若菜摘み」という年のはじめに雪の間から芽を出した草を摘むという風習です。

そして中国の「七種菜羹」という7種類の野菜を入れた、とろみのある汁物を食べて無病を祈る習慣が、日本に伝わってもともとあった日本文化・日本の植生と習合することで生まれたものと考えられています。

また、1月15日の小正月の朝に穀物を使った「七種」という食べ物の名残の小豆粥(あずきがゆ)を食べる」習慣がありました。

御伽草子(おとぎぞうし)の七草草子にも説話があります。

要約しますと「唐に親孝行者がいて両親を若返らせて欲しいと山に入って苦行して祈願しました。

天界の仏たちは願いを叶えてやることを決めました。両親を若返らせる方法は、

  • 1月6日までに指定した7種類の草を集めておくこと
  • それぞれの草を2時間ごとに枝で叩き、煮て食べること

のお告げがあり、この教え通り両親に食べさせたら、たちまち若返った。

このことが世間に知れ渡って、ここから七草粥の慣習になったとされています。

春夏秋冬の七草

春・夏・秋・冬全部に七草はあります。

春の七草は七草粥を食べるという行事がありますが、夏・秋・冬の七草には直接何かをする行事はありません。

ちなみに、もともと「七草」というのは秋の七草を指していたそうです。

江戸時代後期に書かれた『守貞謾稿もりさだまんこう』という書物によれば、小正月と呼ばれる一月十五日に「あずきがゆ」を食べ、これは、穀物を使った「七種」の名残であると記されています。また、「七種ななくさ」と「七草ななくさ 」が同じ発音なので、風習が混じってしまっているとも記されています。
出典:【みんなの知識 ちょっと便利帳】春の七草[8] 「小正月」の「七種粥 」と「小豆粥」の風習

七草の種類

地方によって七草粥の食材が異なる場合がありますが、関東地方の場合は、セリ・ナズナ・ゴ(オ)ギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロの7草です。

七草の栄養・効能

セリ(芹)・・・ セリ

栄養はβ-カロテン、ビタミンB2・C、カルシウム、鉄分などの栄養素を主に含み、胃や肝機能を整えたり、血液中の老廃物やコレステロールを排出して浄化する効果が高いです。また香りの成分には人間の体温を上げて発汗作用を促す効果があり、風邪による冷えなどに有効とされます。

ナズナ(薺)・・・ (ぺんぺん草)

栄養はビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれていて、生活習慣病の高脂血症・高血圧・動脈硬化などに効果的といわれています。またガン予防・骨粗鬆症予防・皮膚病予防などに効果があるようです。さらに、便秘・下痢・むくみ・腎臓病・生理不順などにも効果があるといわれています。

そして、

薬草として陰干ししたのちに煎じたり、煮詰めたり、黒焼きするなどしたものは肝臓病・解熱・血便・血尿・下痢・高血圧・止血・生理不順・腹痛・吐血・便秘・利尿・目の充血や痛みなどに効果があるとされています。

ゴ(オ)ギョウ(御形)・・・ ハハコグサ(母子草)

詳しい栄養成分はわかっていないようですが、効能として咳止めや内臓などに効果的なお茶として飲みます。

ハコベラ(繁縷)・・・コハコベ(小蘩蔞)

科学的な根拠に基づいてはいませんが、薬草として気管支炎・リウマチ・関節炎などに効果あるとされています。

ホトケノザ(仏の座)・・・コオニタビラコ(小鬼田平子)

栄養や効能はよくわかりませんが、高血圧の予防や整腸作用があるといわれています。

スズナ(菘)・・・カブ(蕪)

大根と根の部分の栄養素がほとんど同じでアミラーゼが含まれていて胃腸での消化を助けてくれます。葉にはカロテン、ビタミンC、食物繊維などが豊富に含まれていて免疫力などを高めてくれます。

スズシロ(蘿蔔)・・・ダイコン(大根)

ビタミンCが含まれているので風邪の予防や美肌効果が期待できます。

スポンサーリンク

まとめ

  1. 七草粥はいつ食べる
    1月7日の朝に食べます。
  2. 七草粥を食べる理由
    その年の1年の無病息災を祈願して食べるという理由と、お正月に食べたお祝いのご馳走などの食べ過ぎで弱ってしまった胃腸を休息させてあげるためという理由があります。
  3. 七草粥の由来
    1. 七草粥の歴史
      七草の原点は、古代の日本で「若菜摘み」という年のはじめに雪の間から芽を出した草を摘むという風習です。
    2. 春夏秋冬の七草
      春の七草は七草粥を食べるという行事がありますが、夏・秋・冬の七草には直接何かをする行事はありません。
    3. 七草の種類
      地方によって七草粥の食材が異なる場合がありますが、関東地方の場合は、セリ・ナズナ・ゴ(オ)ギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロの7草です。
    4. 七草の栄養・効能
      七草には様々な栄養や効能があります。

以上、「七草粥はいつ食べる?七草粥を食べる理由と由来は?」でした。

参考になれば幸いです。

正月の鏡開きはいつ?由来は?鏡餅の食べ方は?
正月の鏡開きはいつでしょうか? 筆者は、日本全国、正月の鏡開きは1月11日だと思っていました。 しかし地域によって違うということなので調べてみました。 この記事では、正月の鏡開きはいつ?鏡開きの由来?鏡餅の食べ方は? についてお伝えいたします。
お正月とは何でしょう?起源や習慣や飾り物について
あっという間に1年が過ぎていくような気がします。年末大晦日のカウントダウンが終了するとお正月です。お正月とは何なのでしょうか?現代に生きるわれわれは、ちゃんとお正月の歴史を知ってお正月を祝っているでしょうか?そんなお正月とは何であるかご紹介します。
正月太りはなぜおきる!体重がもとに戻らない時の解消法は?
お正月はおせち料理やおもちなどのおいしいものがたくさんあって、ついつい食べすぎてしまうのと寒いのであまり動かないので、自然と太って正月太りになってしまいます。食事は1日に何食もたべるなど日常とは生活リズムが違い正月太りになる要素がたくさんあります。
タイトルとURLをコピーしました