結婚式二次会の服装マナー(男女・会場別)、平服とは?夏はどうする?

この記事は約8分で読めます。

結婚式の二次会に招待された時に着ていく服装のマナーでお悩みではないでしょうか?

結婚式の二次会の服装のマナーを男女別・会場別にご紹介します。

また「平服で来てください」と書いてあった場合、「夏の暑い時」に呼ばれた場合にどんな服装で行けばいいのかもご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式の二次会の服装マナー(男女別)(会場別)

結婚式の二次会の服装マナー男女別と会場別に分けてご紹介します。

男性編フォーマル(会場がホテルなど)

格式の高いホテルや結婚式場での二次会は、男性の服装はスーツが基本です。フォーマルな場所だとしても二次会だけの出席であれば、スーツで大丈夫です。

もっと細かく言うとベストを合わせた3つ揃え(スリーピース)でも大丈夫です。スリーピースはもともと由緒正しい正統な男性の服だからです。

注意する点は新郎新婦が着る、明るい色や白はさけること。ブラックやグレー、ネイビーなどの暗めの色を選びましょう。

普段、会社などで使っているようなスーツで参加する場合、会社帰りに立ち寄ったと思われないように、ネクタイや小物で雰囲気を変えましょう。ネクタイは派手すぎるもの、喪服を連想させる黒、殺生を連想させるアニマル柄は避けましょう。

もちろんスーツやすべてにシワやシミなどがないように気をつけましょう。

男性編カジュアル(レストランや居酒屋など)

結婚式や披露宴に出席した参加者が二次会にも参加しているのでスーツで大丈夫です。友人たちだけがいる砕けたパーティならデニムなどでも大丈夫でしょう。ただし、どんなに気楽な場所でも最低限、ジャケットを持参しましょう。

フォーマルな場所でもカジュアルな場所でも、明るい色は新郎新婦とかぶるので避けましょう。最近は避けた方が無難な色はシルバーになります。シルバーのタキシードを選ぶ新郎が多いからです。選び方を間違えると浮いてしまうので要注意です。

二次会で着るシャツは結婚式や披露宴と異なり、カジュアルダウンしても大丈夫です。色付きやチェックなどを着てもいいでしょう。

女性編フォーマル(会場がホテルなど)

ホテルなどのフォーマルな場所が二次会の場合、服装はセミフォーマルなワンピースがいいでしょう。光沢のあるデザインだと華やかでオススメです。

女性編カジュアル(レストランや居酒屋など)

レストランや居酒屋などで二次会をする場合、ワンピースだけではなくて、セットアップやオールインワンを選ぶのもいいでしょう。上下で統一感がでていいです。無地ではなく多彩柄やプリント柄も大丈夫です。

真っ白や真っ黒のワンピースはさけましょう。真っ白なワンピースは花嫁とかぶってしまいますし真っ黒は喪服のようです。

またショールが白や黒だとワンピースが白や黒でなくても暗く見えたり、白く見えたりするので白や黒以外の明るい色合いにしましょう。

また、ミニ丈のドレスや肩や胸元が出ているドレスは上品ではありません。

さらにアニマル柄だと結婚式という「佳き日」に殺生を思い起こさせるので、毛皮やアニマル柄の洋服や小物は避けましょう。

スポンサーリンク

結婚式の二次会の服装で平服とは?

平服とはどのようなものをいうのでしょうか?

フォーマルな場所での服装規定(ドレスコード)は、

・正礼装(正礼服)(フォーマル)
「男性の場合」(昼)モーニングコート、(夜)テイルコート(燕尾服)

「女性の場合」(昼)アフタヌーンドレス、(夜)イブニングドレス

・準礼装(準礼服)(セミフォーマル)
「男性の場合」(昼)ディレクターズスーツ(夜)タキシード

「女性の場合」(昼)セミアフタヌーンドレス(夜)カクテルドレス

・略礼装(平服)(インフォーマル)
「男性の場合」ダークスーツやラウンジスーツ

「女性の場合」華やかなワンピースやカジュアル感のあるパーティドレス
※インフォーマルは昼と夜で着用する服装は同じです。

があります。

「平服できてください」という案内がきたら、「かしこまったフォーマルやセミフォーマルのような礼装で来なくてもいいですよ」という意味なので、Tシャツにジーンズではダメです。「改まった場所でも恥ずかしくない恰好」という意味です。

男性の場合の平服

男性の場合の平服はスーツが一般的です。色はやはり黒や濃紺がいいでしょう。シャツはが基本ですが青や淡いピンクで華やかさを出してもいいでしょう。

ネクタイは銀色が一般的ですが、淡い青やピンクでも清潔感が出るのでいいでしょう。

ポケットチーフをだすと一気に華やぎます。

足元は黒の革靴を合わせましょう。

新郎より目立たないようにしましょう。白い服は新郎よりも目立ったり、かぶったりするので避けましょう。

女性の場合の平服

女性の場合の平服の基本はスーツやワンピースす。ボトムスはスカートでもパンツでもどちらでも大丈夫です。めでたい席なのでアクセサリーなどをして華やかに演出しましょう。

足元はベージュのストッキングにパンプスを合わせましょう。またサンダルやミュール、オープントゥなどはマナー違反になります。

バックは小さめのを選びましょう。

髪の毛はアップにして華やかさをだしましょう。

スポンサーリンク

結婚式の二次会の服装で夏はどうする?

結婚式の二次会に限らず夏は暑いので、なるべく涼しい服で行きたいですがマナーは厳しいでしょうか?

男性の場合

2次会が格式の高いホテルや結婚式場などのフォーマルな場所で行われる場合にはだったとしてもジャケットは必ず着ましょう。これはもともとシャツが下着だったことから由来しています。なのでジャケットを脱ぐということは下着姿になるという意味になります。

しかし、ベストは上着になりますので、ベストを着ていればジャケットを脱いでも大丈夫です。ただし結婚式の主役である新郎がジャケットを着ているときは出席者もジャケットは脱がないのがマナーです。

シャツは二次会の場合でも暑くても半袖ではなく長袖を着ましょう。ジャケットの袖口からシャツが1.5センチ程度出ているのが美しい着こなし方なので、長袖シャツを着ないと出ません。

また、暑いからといってフォーマルな場所ではノーネクタイもNGです。最近は蝶ネクタイでも出席している方がいるので、蝶ネクタイで出席してもいいかもしれませんね。

レストランや居酒屋などカジュアルな場所で夏に2次会が行われる場合は、スーツにノーネクタイもいいでしょう。

女性の場合

女性の場合でも、格式の高いホテルや結婚式場などフォーマルな場所で行われる二次会は、披露宴が終わってそのまま移動してくる出席者がいるので、フォーマルな衣装でないとかなり浮いてしまいます。おすすめは、ワンピースドレスのフォーマル感のあるもの上品なパンツドレスなどをおしゃれにコーディネートすることです。

レストランや居酒屋などのカジュアルな場所で行われる二次会でも暑くても肌の露出は避けましょう。またデニムOKと招待状に書いていなければデニムも避けましょう。貸し切りの場合でもワンピースでのぞみましょう。

ドレスの色は涼しく見える寒色系がおすすめです。見た目もさわやかで、一気に場を華やかにしてくれます。汗がわかりにくい服も着ていくとより一層楽しめると思います。

ヘアアレンジは涼しく見えるアップがオススメです。

スポンサーリンク

まとめ

結婚式の二次会だとしても会場が、格式の高いホテルや結婚式場ならば、男性の服装はスーツ、女性ならばセミフォーマルなワンピースがいいでしょう。

レストランや居酒屋などのカジュアルな雰囲気のあるところでも男性はスーツ、友人たちだけがいる砕けたパーティならジャケット持参でデニムなどでも構わないでしょう。

女性は、ワンピースだけではなくて、セットアップやオールインワンを選ぶといいでしょう。

フォーマルな場所でもカジュアルな場所でも、白や明るい色の服は新郎新婦とかぶるので避けましょう。男性のネクタイは派手すぎるもの、喪服を連想させる黒、殺生を連想させるアニマル柄は避けましょう。

また女性の服の黒は喪服のようなので避けましょう。

平服とは「男性の場合」ダークスーツやラウンジスーツ、「女性の場合」華やかなワンピースやカジュアル感のあるパーティドレスになります。

華やかで清潔感のあるコーディネートで服装マナーをしっかりと押さえて、結婚式二次会のパーティーを楽しんでくださいね。

以上になりますが、「結婚式二次会の服装マナー(男女・会場別)、平服とは?夏はどうする?」でした。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

あなたは結婚されていますか?

あなたは結婚されていますか?

今の時代、独身のまま過ごされる人が増えていて、10年後の2030年には、女性の4人に1人が生涯シングルとなる見込みだそうです。

独身生活に約7割の女性が満足しているそうです。

結婚だけが幸せではないことを現していますが、結婚することのメリットもあります。

  • 家族ができる幸せ
  • 子供という宝物が出来る
  • 生活が安定する
  • 気持ちが安定する

などがあると思います。

もしこれから結婚してもいいかなと思っているのなら、成婚率業界NO.1の結婚相談所パートナーエージェントで将来のお相手を探してみませんか?

資料請求はこちらからどうぞ>>>パートナーエージェント

こちらの記事もよろしかったらどうぞ
>>>結婚式の服装で男性のスーツ、シャツ、ネクタイの着こなし術!
>>>結婚式に招待された時の子供(女の子)のドレスと髪型のお悩み解決

コメント

タイトルとURLをコピーしました