年中行事・冠婚葬祭

結婚式に出席する男性の服装のスーツ、シャツ、ネクタイの着こなし術!

この記事は約6分で読めます。
結婚式の服装で男性の着こなし術

結婚式に出席する男性の服装の着こなし術

結婚式に出席する男性の服装の、スーツ、シャツ、ネクタイには、どんな着こなし術があるでしょうか?

結婚式の男性の服装には、おすすめの色や、逆に着てはいけない色があります。

この記事では「結婚式に出席する男性の服装のスーツ、シャツ、ネクタイの着こなし術!」を詳しくご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

広告

結婚式に出席する男性の服装のスーツの着こなし術

スーツはどんな着こなし術があるのでしょう。

結婚式に呼ばれた時の男性の服装のスーツの色は、黒かダークカラー、ネイビーがおすすめです。

逆に、絶対に着ていってはいけないスーツの色は白です。

絶対に避けましょう。

  • 黒かダークカラー、ネイビーのスーツ
  • ベスト
  • ポケットチーフでおしゃれに

黒かダークカラー、ネイビーのスーツ

新郎とかぶってしまうので、白は絶対に避けましょう。

白以外では、まさか着ていく人はいないと思いますが、ピンクや明るいグレーなどの、白に近い色も避けたほうが懸命です。

派手な柄が入ったスーツも、新郎より目立ってしまうのでNGです。

他にダメなのは、ビジネススーツのままで行くことです。

仕事が忙しくてビジネススーツを着替える時間がない場合は「普段着感」をなくすために、結婚式にふさわしい、華やかな白かシルバーネクタイに変えたり、ポケットチーフを入れましょう。

ベスト

黒のスーツと黒のベストはマナー違反ではないですが、全体的に暗くなります。

黒のスーツならベストをダークグレーにしたり、逆にベストが黒ならスーツはダークグレーや暗い紺のスーツにするのがいいでしょう。

ベストを着ていない状態で、スーツを脱ぐと、シャツの状態になるのでマナー違反になります。

ベストを着るのがいいところは、スーツが脱げることです。

ポケットチーフでおしゃれに

胸ポケットにポケットチーフをいれることで、さわやかさをプラスしてみましょう。

ポケットチーフは、基本的に白ですが、ネクタイの色に合わせてもいいでしょう。

広告

結婚式に出席する男性の服装のシャツの着こなし術

シャツはどんな着こなし術があるのでしょう。

シャツの襟は「レギュラーカラー」が定番です。

結婚式に出席するときのシャツは「白」「無地」「レギュラーカラー」ならば、特に親族などの場合でも、間違いはありません。

  • シャツの襟の種類
  • 基本は白か控えめな色のシャツ
  • 「メッシュ」「半袖シャツ」はNG
  • カフスはお好みで
  • 「ボタンダウン」はNG
  • 清潔感

シャツの襟の種類

結婚式の服装で男性のシャツのカラー(襟)は「レギュラーカラー」が定番です。

レギュラーカラーは、TPO問わずにビジネスでも使えます。

最近では、衿羽が長いセミワイドカラーが、首回りがスッキリしてみえるので人気なので、基本的には、白の襟付きレギュラーカラーかセミワイドカラーを選びましょう。

基本は白か控えめな色のシャツ

ワイシャツの色の基本は白で、派手な色合いはNGですが、淡いパステルカラーならOKです。

カラーシャツを着たければ、カラーシャツOKの結婚式や二次会に着ていくといいでしょう。

「メッシュ」「半袖シャツ」はNG

「メッシュ」「半袖シャツ」カジュアルすぎるのでNGです。

カフスはお好みで

カフスは付けても付けなくてもOKです。

「ボタンダウン」はNG

意外と盲点なのが「ボタンダウン」シャツです。

ボタンダウンはボタンで襟をシャツに留めるシャツですが、ボタンダウンはカジュアルに入るので特に格式高い結婚式には合っていないので注意してください。

ただし、二次会でノーネクタイが大丈夫なときや、カジュアルなパーティならボタンダウンでも大丈夫です。

清潔感

結婚式に呼ばれて出席するときに、忘れてならない絶対条件として「清潔感」があります。

シャツにアイロンをかけて、ぴしっとしたものを着るようにしましょう。

広告

結婚式に出席する男性の服装のネクタイの着こなし術

ネクタイはどんな着こなし術があるのでしょう。

ネクタイの基本の色は、白かシルバーのネクタイです。

スーツと同じように、ネクタイも結婚式では着用しないほうがいい色があります。

  • 白かシルバーのネクタイが基本
  • 蝶ネクタイ
  • ネクタイピン

白かシルバーのネクタイが基本

黒のスーツに黒のネクタイだとまるでお葬式です。

結婚式で着用するネクタイの色は、白かシルバーが基本です。

柄はドッド柄やストライプ柄や小紋柄も人気ですが、派手にならないように気をつけてくださいね。

蝶ネクタイ

パーティスタイルの結婚式で他の人と差をつけたいなら、蝶ネクタイのチェック柄がおすすめです。

ネクタイピン

結婚式で着る礼服のようなスーツに合う、華やかなネクタイピンもありますので、スーツやネクタイの色柄に合わせて選びましょう。

広告

まとめ

スーツは黒かダークカラーまたはネイビーのスーツ

シャツは「白」「無地」「レギュラーカラー」ならば特に親族などの場合でも間違いはありません。

ネクタイは白かシルバーのネクタイが基本です。

以上「結婚式に出席する男性の服装のスーツ、シャツ、ネクタイの着こなし術!」でした。

参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました