日焼けによる赤みの対処法とターンオーバーを整える方法

この記事は約7分で読めます。
日焼けして赤くなるかな?

日焼けして赤くなる?

外出時や日焼けマシンなどで紫外線による日焼けをして、肌が赤くなって痛みやかゆみがあって困ることがあります。

この記事では、
  • 日焼けによる赤みの対処法
  • 肌の回復に大事なターンオーバーを整える方法(食事・睡眠・運動)
  • なぜ日焼けで赤くなる・黒くなる
をご紹介します。
スポンサーリンク

日焼けによる赤みの対処法

紫外線に当たる前には、日焼け止めを塗ったり日焼け防止グッズで事前に防御することが必要です。

それでも日焼けしてしまったときには、肌にダメージを残さないように早めに日焼けのアフターケアをしましょう。

冷やす

冷たいタオルで冷やす

冷たいタオルで冷やす

強い日差しを浴びて肌が赤くなって、ほてっていて、痛かったり痒くなっていると思いますが、すぐに肌の赤い部分を冷たいタオルや保冷剤などでよく冷やしましょう。

日焼けはやけどと同じで肌の炎症なので最初に冷やすことが大事です。

冷たいシャワーでも冷やすことはできますが、水圧が高いと肌への刺激が強すぎるので傷んだ赤い肌を冷やすのには向いていません。

日焼けをした後の紫外線による炎症で傷んでしまった肌を冷やさずにそのままにしておくと「しみ」「そばかす」「くすみ」などの肌トラブルの原因になります。

かゆみなどが気になっても肌をこすったり叩いたりなどはしないでくださいね。

冷やした後も炎症が治まらない場合は、まだ化粧水は使わないでください。

保湿する

冷やして赤みの炎症が治まったら肌への刺激が少ない敏感肌用の化粧水・乳液・保湿クリームなどのスキンケア用品で保湿しましょう。

紫外線の影響で肌が乾燥しているので、肌にハリや弾力がなくなり肌を老化させてしまわないように保湿が必要です。

日焼け後の肌の炎症を鎮める効果があるアロエを塗るのが良いと聞きますが、生えているアロエをちぎって塗る場合は、葉に付いている雑菌に感染する危険があります。

生アロエを日焼け後の肌に塗るとしたら、手間ですがアロエを熱湯消毒か煮沸消毒して冷めてから塗りましょう。

また、アロエの成分を含む製品や生のアロエでかぶれる肌の人もいるので、腕の内側に塗ってみて1日経過して異常がないか観察するパッチテストをしてから使用しましょう。

日焼けはやけどの一種なので皮膚が回復するまでは角質取りもカミソリも禁止です。

スポンサーリンク

ターンオーバーを整える方法

ターンオーバーを整えるには質の良い十分な睡眠バランスの良い食事適度な運動という生活習慣の見直しが大事です。

ターンオーバー

肌はターンオーバーという新陳代謝で生まれ変わります。

皮膚の一番下の基底層で新しい細胞が生まれて、形を変えながら徐々に表面に押し上げられて表皮の角層となって垢として剥がれ落ちるまでのサイクルが肌のターンオーバーです。

ちなみに、若いうちはターンオーバーの日数は約28日ですが、加齢とともに長くなっていく傾向があります。

肌が紫外線で損傷を受けたときは、皮膚の修復に必要な周期の速さが増して短い期間で角層細胞を作りますが、十分な時間をかけていないので大きさは不揃いで形も整っていなくて未成熟なままです。

未成熟な角層細胞はNMF(ナチュラル・モイスチュアライジング・ファクター)という天然保湿因子が十分に出来ていないために乾燥しています。

乾燥した角層細胞は肌のハリと弾力が低下・くすむ・毛穴やシミが目立つ・肌荒れ、ニキビ、吹き出物などの肌トラブルの原因になるので十分な保湿をしましょう。

ターンオーバーを整えるには質の良い十分な睡眠バランスの良い食事適度な運動という生活習慣の見直しが大事です。

質の良い十分な睡眠

質のいい十分な睡眠

質のいい十分な睡眠

ターンオーバーを整えるには、質の良い十分な睡眠を取りましょう。

お肌のゴールデンタイムといわれる夜10時から深夜2時までの間に寝たほうが美肌が作られると言われていましたが、それは都市伝説のようです。

寝ている時に「成長ホルモン」が分泌されて傷んだ肌が修復されるのは真実ですが、ゴールデンタイムに「成長ホルモン」がたくさん分泌されるようなことはないからです。

「成長ホルモン」の分泌量は眠りはじめのノンレム睡眠時に多くなりますので、寝るのが何時になっても眠りはじめのノンレム睡眠時にぐっすり眠ることが重要です。

REM(レム)睡眠中「Rapid Eye Movement(急速眼球運動)」は記憶の整理や定着が行われているので脳は活発に動いていますが、non-REM(ノンレム)睡眠中では脳は休んで肉体も含めた疲労回復をしています。
このノンレム睡眠時に肌の修復に必要な成長ホルモンが分泌されます。

しかし、肌のゴールデンタイムがないのなら、十分な睡眠時間が取れれば何時に寝てもいいやということで、遅い時間まで夜更かしをしていると睡眠不足になってしまうのでなるべく早めに眠りにつきましょう。

バランスの良い食事

うなぎ

うなぎ

ターンオーバーを整えるためには、栄養バランスの良い食事を心がけるようにして特にビタミンB群を積極的に摂りましょう。

ビタミンB群の中でも特に発育にも重要なビタミンB2は、皮膚・粘膜・髪・爪などの細胞の再生にも欠かせません。

ビタミンB2は肉の肝臓全般・ウナギ・カレイ・卵・納豆・アーモンドなどに多く含まれていますのでターンオーバーを整えるために不足しないようにしましょう。

下の記事では「紫外線対策に効果的な抗酸化作用のある栄養素」と「紫外線対策で食べると悪い食べ物」についてご紹介しています。

紫外線対策は食べ物で!栄養素別の食べていいものだめなもの
紫外線に当たるのは気になりますよね?紫外線は曇っていても雨の日でも我々の頭上から降り注いでいます。紫外線による肌の損傷はシミ、シワ、たるみ、日焼け、シミの原因になります。紫外線対策は食べ物でできます。紫外線対策で食べて良い食べ物、悪い食べ物等をご紹介します。

適度な運動

適度な運動

適度な運動

ターンオーバーを整えるためには、適度な運動をしましょう。

栄養を肌に届けるための血行を良くする運動は、ウォーキング・ジョギング・水泳などの有酸素運動です。

成長ホルモンの分泌量を増やし、ホルモンによる美容と健康の効果を得ることができる筋力トレーニングなどの無酸素運動です。

コラーゲンの生成のためにも、体に適度な負荷をかけることが必要なので、有酸素運動・無酸素運動両方行いましょう。

ストレスが溜まることでもターンオーバーの乱れになるので、適度な睡眠・食事・運動でストレスを和らげるようにして、肌のターンオーバーを正常に整えて肌が回復するのを待ちましょう。

スポンサーリンク

日焼けで赤くなる・黒くなる

日焼けで赤くなる

日焼けで赤くなる

日焼けで有害な紫外線が皮膚の奥まで入り込むと火傷のような炎症が起きて赤くなります。

紫外線は肌に有害なので、紫外線を吸収して細胞を守る役割があるメラニン色素が生成されて真皮まで紫外線が届かないように肌を守ってくれます。

メラニン色素の量は遺伝により個人で量が違います。

日焼けで肌が赤くなる・・・メラニン色素が少なく皮膚細胞に炎症が起きる

日焼けで肌が黒くなる・・・メラニン色素が多く皮膚組織に炎症が起きにくい

皮膚の中のメラニン色素の量が多いと肌は黒く見えますが、シミは必要以上にメラニン色素が増えている状態なので、ターンオーバーを改善して肌の代謝機能を正常に戻しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

1.日焼けによる赤みの対処法
1.冷やす・・・  すぐに肌の赤い部分を冷たいタオルや保冷剤などでよく冷やしましょう。
2.保湿する・・・冷やして赤みの炎症が治まったら肌への刺激が少ない敏感肌用の化粧水・乳液・保湿クリームなどのスキンケア用品で保湿しましょう。

2.ターンオーバーを整える方法
1.ターンオーバー・・・肌はターンオーバーという新陳代謝で生まれ変わります。
2.質の良い十分な睡眠・・・「成長ホルモン」の分泌量は眠りはじめのノンレム睡眠時に多くなりますので、寝るのが何時になっても眠りはじめのノンレム睡眠時にぐっすり 眠ることが重要です。
3.バランスの良い食事・・・ビタミンB群の中でも特に発育にも重要なビタミンB2は、皮膚・粘膜・髪・爪などの細胞の再生にも欠かせません。
4.適度な運動・・・ターンオーバーを整えるためには、適度な運動をしましょう。

3.日焼けで赤くなる・黒くなる
遺伝によるメラニン色素の量の違いで日焼けで赤くなったり黒くなったりします。

以上、「日焼けによる赤みの対処法とターンオーバーを整える方法」でした。

タイトルとURLをコピーしました