美容・健康

日焼けして赤くなる人の治し方と日焼けで赤くなるや黒くなるの原因

この記事は約4分で読めます。
日焼けして赤くなる人の治し方と日焼けで赤くなるや黒くなるの原因

日焼けして赤くなる人の治し方と日焼けで赤くなるや黒くなるの原因

日焼けをすると、肌が赤くなって痛みやかゆみがあって困ります

お悩みにお答えします

この記事では「日焼けして赤くなる人の治し方と日焼けで赤くなるや黒くなるの原因」をご紹介しているので、外出時に紫外線による日焼けでお困りの方は、ぜひごらんください。

日焼けして赤くなる人の治し方

日焼けして赤くなる人の赤みを防ぐための対処法は、紫外線に当たる前に日焼け止めを塗ったり日焼け防止グッズで事前に防御することです。

それでも日焼けしてしまったときには、肌にダメージを残さないように、早めに日焼けのアフターケアをしましょう。

冷やす

冷たいタオルで冷やす

冷たいタオルで冷やす

日焼けして赤くなる人の治し方ですが、強い日差しを浴びて紫外線による炎症で傷んでしまった肌が、赤くなってほてっていて、痛かったり痒くなっていると思います。

日焼けは「やけど」と同じく肌の炎症なので、すぐに肌の赤い部分を冷たいタオルや保冷剤などでよく冷やすことが大事です。

冷たいシャワーでも冷やすことはできますが、水圧が高いと肌への刺激が強すぎるので傷んだ赤い肌を冷やすのにはシャワーは向いていません。

日焼けをした後の、紫外線による炎症で傷んでしまった肌を冷やさずにそのままにしておくと「しみ」「そばかす」「くすみ」などの肌トラブルの原因になります。

かゆみなどが気になっても、肌をこすったり叩いたりなどはしないでくださいね。

冷やした後も炎症が治まらない場合は、まだ化粧水は使わないでください。

保湿する

紫外線を浴びた影響で肌が乾燥しています。

肌にハリや弾力がなくなり老化させてしまわないように保湿をしましょう。

すぐに冷やして赤みの炎症が治まったら、肌への刺激が少ない敏感肌用の化粧水・乳液・保湿クリームなどのスキンケア用品で保湿しましょう。

日焼け後の肌の炎症を鎮める効果があるアロエを塗るのが良いと聞きますが、生えているアロエをちぎって肌に塗る場合は、葉に付いている雑菌に感染する危険があります。

生アロエを日焼け後の肌に塗るとしたら、手間ですがアロエを熱湯消毒か煮沸消毒して、冷めてから塗りましょう。

また、アロエの成分を含む製品や、生のアロエでかぶれる肌の人もいるので、パッチテストとして腕の内側に塗ってみて、1日経過しても異常がないか観察してから使用しましょう。

日焼けはやけどの一種なので、皮膚が回復するまでは角質取りもカミソリも厳禁です。

日焼けで赤くなるや黒くなるの原因

日焼けで赤くなる

日焼けで赤くなる

日焼けで肌が赤くなる人と黒くなる人がいます。

日焼けで有害な紫外線が皮膚の奥まで入り込むと、火傷のような炎症が起きて赤くなります。

紫外線は肌に有害なので、紫外線を吸収して細胞を守る役割があるメラニン色素が生成されて、真皮まで紫外線が届かないように肌を守ってくれます。

メラニン色素の量は遺伝により個人で量が違います。
  • 日焼けで肌が赤くなる・・・メラニン色素が少なく皮膚細胞に炎症が起きる
  • 日焼けで肌が黒くなる・・・メラニン色素が多く皮膚組織に炎症が起きにくい
皮膚の中のメラニン色素の量が多いと肌は黒く見えるので、シミは必要以上にメラニン色素が増えている状態です。
日焼けした肌の回復には、ターンオーバーを整えましょう。

ターンオーバーとは、肌が一定のサイクルで新しく生まれ変わる代謝の仕組みのことです。

まとめ

1.日焼けによる赤みの対処法
1.冷やす・・・  すぐに肌の赤い部分を冷たいタオルや保冷剤などでよく冷やしましょう。
2.保湿する・・・冷やして赤みの炎症が治まったら肌への刺激が少ない敏感肌用の化粧水・乳液・保湿クリームなどのスキンケア用品で保湿しましょう。

2.日焼けで赤くなる・黒くなる
遺伝によるメラニン色素の量の違いで日焼けで赤くなったり黒くなったりします。

日焼けした肌の回復に大事なターンオーバーを整えましょう。

以上、「日焼けして赤くなる人の治し方と日焼けで赤くなるや黒くなるの原因」でした。

コメント