ひな祭りの由来や起源や意味は?雛人形は女の子の身代わり?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分 39 秒です。

女の子が生まれてから一番初めに迎える初節句は3月3日のひな祭りです。ひな祭りは女の子が健康で元気に成長してくれることを願って行う3月の節句の年中行事です。

ひな祭りの由来や起源や意味は何でしょうか?雛人形は女の子の身代わりらしいですが本当なのでしょうか?

現在のような、ひな祭りに雛人形を飾って楽しむスタイルは、「上巳の節供(じょうしのせっく)」と、「ひいなあそび(ひなあそび)」が江戸時代に融合して全国に広まったと考えられています。

上巳の節供は、古代中国で考えられて日本に伝わって定着した後、江戸幕府が公的な行事として定めた厄払いの行事の五節句のひとつです。

ひいなあそび(ひなあそび)は平安時代の京都で宮中や平安貴族の子女たちの間で行なわれていた人形遊びです。

下記で詳しくひな祭りの由来や起源や意味について、雛人形は女の子の身代わり?、ひな祭りで飾り食べて楽しむ食事をご紹介いたします。

スポンサーリンク

ひな祭りの由来や起源や意味

身代わり信仰

昔は今と比べて幼い子どもの死亡率が高く、親の願いに反して生まれてまもなく亡くなる子供が多くいました。いつの時代でも親は子供が生きて成長してくれることを必死で願います。

身代わり信仰は古の昔からあり、人々は土偶、人面土器、人物埴輪など、人の形をした形代(かたしろ)で身体の悪いところを撫でたり息を吹きかけたりして形代に穢(けがれ)を移して身代わりとして川や海に流して子供の健やかな成長を祈ってきました。

流し雛の形代は水に流れるように木や草や紙などが使われていました。

平安時代には子供の枕元に厄除けの身代わりの形代(かたしろ)を置き厄除けをし、1年間の災いを祓うために「上巳の節句(穢れ払い)」の3月3日に「流し雛」として川に流しました。

節句は古代中国の陰陽五行説を由来として日本に定着した季節の節目(ふしめ)の日で年中行事を行います。

ひな祭りの起源になったのは、女の子に限ったことではなく、子供が生まれてから健やかに育って欲しいと願う親が、子供の身代わりに形代(かたしろ)を川や海に流して行う「流し雛」の行事です。

形代(かたしろ)は木や草や紙などを人の形に切ったもので、子供の身体をなでて身の穢れを移して川や海に流します。

流し雛は今でも各地で行われていて、鳥取市用瀬町(もちがせちょう)が「流しびなの里」として知られています。

現代でも人間関係において過去のトラブルをなかった事にして新しく関係を始めることを「水に流す」といいますが、語源は形代を祓い清めて川や海に流すことから来ています。

ひいなあそび

一方でひな祭りは「ひいなあそび」という、平安貴族の子供の雅な遊びごととして行われていました。「ひなあそび」ともいわれるのは儀式ではなく遊びだったことから来ています。

雛人形

江戸時代になると女の子の「人形遊び」と、上巳の節句が結びついて全国に広がり、ひな祭りとして雛人形が飾られるようになりました。

雛人形を作る技術が上がって豪華になった雛人形を川や海に流すわけにもいかなくなり、自宅に飾って鑑賞して楽しむようになりました。

娘の身代わりになって災厄を引き受けた雛人形がひな祭りの3月3日を過ぎても飾られていると、不幸に襲われるという解釈により、婚期を逃さないようにひな祭りが終わったらすぐに片付けます。

3月3日

ひな祭りは江戸時代までは現在の4月頃の旧暦で3月3日の節句に行われていました。9月9日の「菊の節句」とも呼ばれる「重陽の節句」にも雛人形を飾る習慣がありました。

明治になってからは、江戸時代のままの旧暦の3月3日に祝ったり、新暦の4月3日に祝ったりする地域もありますが、一般的には3月3日に祝われはじめました。

ひな祭りが「桃の節句」と呼ばれるのは旧暦の3月3日に桃の花が咲く時期であったためです。

スポンサーリンク

ひな祭りの食べ物

ひな祭りにはひなあられやひし餅などを供えて、ちらし寿司、はまぐりのお吸い物、白酒などを飲んだり食べて御祝いします。それぞれのひな祭りに食べる食べ物を紹介します。

ひなあられ

ひなあられが食べられ始められたのは、明治以降といわれています。

ひなあられに付けられる白色は雪、緑色は木々の芽、桃色は生命を表しています。

関東と関西のひなあられは原料が違います。

関東のひなあられは、うるち米の乾飯や豆を炒って砂糖をかけて甘くしています。三色の色をつける場合には、直接あられに付けるか、色の付いた砂糖をあられにかけます。

関西のひなあられは、もち米で、もともとはひし餅を砕いて炒ったのが始まりといわれています。大きさは関東のひなあられより大きく、直径1センチぐらいの大きさがあります。味付けは醤油や塩でしてあります。

最近の関東風では米粒の大きさより大きなものや大豆やピーナッツに甘いコーティングしたもの、関西風では、チョコレート味やマヨネーズ味のひなあられが登場していてバリエーションが増えて選ぶ楽しみが増えています。

ひし餅

ひし形は魔除けになるといわれているので、女の子が健康で元気に育つような願いを込めて飾られます。

ちらし寿司

ひな祭りでちらし寿司を食べる習慣は、平安時代には鮎や鮒で作られた「なれ寿司」を食べていたという説が有力とされています。江戸時代になると臭いと味が独特な「なれ寿司」の代わりにちらし寿司の原型といわれている具を混ぜ込んだ「ばら寿司」を食べるようになりました。

ばら寿司より「ちらし寿司」のほうが見た目が華やかなので、ちらし寿司をひな祭りに食べる習慣が定着しました。

ちらし寿司に使われている具材が縁起の良いのでひな祭りに定着したようです。

エビ

ひな祭りだけではなく、おせちや結婚式などのお祝い事でも食べられるエビは、「曲がった腰と長いひげ」が長生きの象徴として長寿の願いが込められています。

れんこん

れんこんには穴がいくつも空いていて、こちらから向こう側が見通せるので、「将来の見通良い」という意味があります。

「マメ」に働くので仕事が上手くいくことや、「マメ」は「魔滅」に通じるので邪気が払われて縁起が良いとされています。

はまぐりのお吸い物

はまぐりは2枚貝なので、対になっている貝とぴったり合い他の貝とは合わないので、夫婦仲が良く、一生一人の人と添い遂げられるような願いが込められています。

白酒

桃の節供に桃の花をお酒に浮かべて飲むと害を除き健康になるという風習があります。

白酒は白いので甘酒のようですが甘酒とは違います。

甘酒はアルコールをほとんど含みませんが、白酒はアルコール分は9%前後で、酒税法ではリキュール類に分類されています。

大人は白酒、子供はアルコールを飲めないので甘酒を飲んで楽しみます。

スポンサーリンク

まとめ

ひな祭りの由来や起源や意味について、雛人形は女の子の身代わり?、ひな祭りで飾り食べて楽しむ食事をご紹介いたしました。

現在のような、ひな祭りに雛人形を飾って楽しむスタイルは、「上巳の節供(じょうしのせっく)」と、「ひいなあそび(ひなあそび)」が江戸時代に融合して全国に広まったと考えられています。

3月3日のひな祭りは、雛人形の由来などを思いつつお子様の健やかな成長をお祈りしながら楽しくす過ごしましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました