高齢者ドライバーによる踏み間違い事故対策と免許返納について

この記事は約8分で読めます。
高齢者ドライバー

高齢者ドライバー

65歳以上の高齢者による交通事故の割合が比較的高いのは、アクセルとブレーキの踏み間違いによるものです。

買い物や用事を済ますのに自動車は便利な乗り物ですが、高齢者になると瞬時の判断が要求される運転に対応できなくなる傾向があるので対策が必要です。

アクセルとブレーキの踏み間違いを防ぐ機器を後付けしたり、安全運転サポート車に乗ったりを地方自治体の高齢者先進安全自動車購入費補助制度や国のサポカー補助金を利用して安全対策を充実させましょう。

都心に暮らしていれば交通網が発達しているのでそれほど不便は感じないと思いますので、不要になった免許証は自主返納しましょう。

スポンサーリンク

高齢者ドライバーによる踏み間違い事故

65歳以上の高齢者による割合が比較的高いのは、アクセルとブレーキの踏み間違いによる交通事故です。

警察庁の統計によると2015年(平成27年)の日本国内でのブレーキとアクセルの踏み間違いによる死亡事故は58件、うち65歳以上の高齢ドライバーが50件なので、高齢ドライバーによる事故割合がかなり高くなっています。

高齢者は加齢に伴う身体機能の低下により、自動車運転においても動体視力や情報処理能力や一瞬の判断能力が低下し、運転に必要なハンドル操作やブレーキ操作が瞬時に行えません。

車を運転中に急に回避しなければならない状況に対応できなかったり、止まらなければいけない状況なのにアクセルとブレーキを踏み間違えて更に加速してしまって、車止めを越えて店鋪に突っ込んでいます。

好きな時に好きな所に自由に行ける自動車はとても便利ですが、言ってしまえば鉄のかたまりなので運転操作をひとつ間違えば危険な凶器になります。

交通事故により亡くなられた方々は、未来がある人生を奪われてしまってどんなに無念なことでしょう。

次は、高齢者ドライバーによる踏み間違いの事故対策について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

高齢者ドライバーの踏み間違い事故対策

高齢者ドライバー運転状況

高齢者ドライバー運転状況

上の画像の表を見ていただくと判るとおり、自分で自動車等を運転して買い物にいく高齢者はかなりの率になります。

身体能力の衰えを感じていても食料品などの生活に絶対に必要なものは買いに行かなくてはなりません。

せめて運転する自動車にアクセルとブレーキの踏み間違いを防ぐ機器を付けたり安全運転サポート車に乗ることで少しでも安全に目的を果たすことで、交通事故を起こさないようにしてください。

アクセルとブレーキの踏み間違いを防ぐ機器

アクセルとブレーキの踏み間違い

アクセルとブレーキの踏み間違い

アクセルとブレーキの踏み間違いを防ぐには、急発進防止装置として誤発進を回避するためのシステムの後付けが必要です。

後付けの急発進防止装置の開発が進んでいて、国土交通省は2019年12月に3分類9種類の装置を、一定の機能を有する後付け急発進等抑制装置として認定しました。

国土交通省 認定対象装置一覧
名称(製品番号)装置の製造者等の名称
踏み間違い加速抑制システムトヨタ自動車株式会社
ペダル踏み間違い時加速抑制装置
「つくつく防止」
ダイハツ工業株式会社
S-DRIVE 誤発進防止システム2
(普通車専用タイプ)(軽自動車専用タイプ)
株式会社サン自動車工業
JARWA_S-DRIVE (SD0102S)(SD0104S)一般社団法人日本自動車車体補
修協会
ペダルの見張り番Ⅱ
(AWD-01)
株式会社データシステム
アクセル見守り隊
(SAG297)
株式会社データシステム
ワンペダルナルセ機材有限会社

出典:国土交通省 認定対象装置一覧(令和元年12月17日)

安全運転サポート車

上記のような後付け急発進等抑制装置でも良いとは思いますが、新車で買うとしたら政府が高齢運転者の事故防止対策として進めている「安全運転サポート車」いわゆる「サポカー」に乗ることも検討したら良いと思います。

サポカーには「ぶつからない技術」「飛び出さない技術」「はみ出さない技術」「ヘッドライト自動切り替え技術」などが備わっています。

サポカーは各自動車メーカーから発売されていますし、サポカー試乗会もありますので実際に試乗して安全性を確認してみることをおすすめします。

政府は高齢運転者の交通事故防止対策の一環として、 被害軽減(自動)ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置等を搭載した車(安全運転サポート車)に 「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」の愛称をつけ、被害軽減(自動)ブレーキを搭載した車 「セーフティ・サポートカー(サポカー)」とともに、官民連携で普及啓発に取り組んでいます。
出典:サポカー・サポカーS(安全運転サポート車)のWEBサイト

自動車の安全性を高めることを主眼に、国は一定の条件のもとに 「後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置」 導入補助と、「安全運転サポート車の車両(新車・中古車)」購入補助の「サポカー補助金」という2種類の補助制度を実施していますので安全対策をしたらお早めに申請してください。

※補助金交付申請額が予算額を超過することが明らかになったら終了です。

スポンサーリンク

高齢者の運転免許保有者数

2016年末の運転免許保有者数は約8,221万人で、その1年前と比較して約6万人増えています。
このうち75歳以上の運転免許保有者数は約513万人です。

75歳以上の3人に1人が免許を保有している計算で、試算では今後も高齢者の運転免許保有者数は増えていく予想です。

交通死亡事故件数全体は減少傾向にありますが、逆に75歳以上の運転者による死亡事故件数は横ばいで推移しているので割合にしたら増加しています。

今後、平均寿命が伸びて人生100年時代になれば超高齢者の免許保有者数はさらに増えていくことでしょう。

スポンサーリンク

運転免許の自主返納

運転免許の自主返納

運転免許の自主返納

2018年11月に特別防犯対策監に委嘱された、歌手で俳優の杉良太郎さん(当時74)が2019年6月7日に東京・鮫洲運転免許試験場を訪れ運転免許を自主返納されました。

75歳以上の免許更新希望者には講習の受講義務があるので8月の誕生日を前に返納され、代わりの身分証明書となる運転経歴証明書を受け取られました。

運転免許証の自主返納制度は1998年に始まっていて、警察庁発表によると運転免許証を自主返納した75歳以上の方は2018年の1年間で全国で292,089人と前年を38,152人上まわりました。

2019年4月に起きた池袋の交通事故後には、さらに運転免許証を自主返納する人が増え都内では5月の運転免許自主返納者数が5,759件と過去最高を更新しました。

運転免許を持たなければ無免許運転以外は事故を起こす可能性は0になるので自主返納が一番いいのでしょう。

福岡県で車が暴走して9人を死傷させた81歳のドライバーは事故の原因となる病気はなかったようですが、免許の自主返納を検討していたそうです。そう思ったら後悔しないために少しでも早く自主返納することが肝心です。

運転免許証の自主返納をした場合には、高齢者の交通手段がなくなってしまうので移動手段の支援の充実などの検討は必要だと思います。

自主返納の取り組みや移動手段の支援の充実は東京都だけではなくて通院や買い物などの不便を解消するために、全国的に実施しなければならないと思います。

私は75歳以上ではなく57歳の時に、運転に不安を感じたので運転免許証を自主返納しました。

運転免許証を返納する時に申請して運転経歴証明書を貰いました。
運転経歴証明書は金融機関等で本人確認書類として用いることができると規定されています。

運転免許証の自主返納、アクセルとブレーキの踏み間違いを防ぐ機器の導入、サポカーへの乗り換え等で少しは事故が軽減されるかもしれません。

しかし、自主返納だけではいつ返納すべきかの基準がないので、ある年齢に達したら強制返納を義務化する仕組みを作るのと、運転年齢の上限を設けることも必要になるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

1.高齢者ドライバーによる踏み間違い事故
車を運転中に急に回避しなければならない状況に対応できなかったり、止まらなければいけない状況なのにアクセルとブレーキを踏み間違えて更に加速しています。

2.高齢者ドライバーの踏み間違い事故対策
    1.アクセルとブレーキの踏み間違いを防ぐ機器
後付けの急発進防止装置の開発が進んでいて、国土交通省は2019年12月に3分類9種類の装置  を、一定の機能を有する後付け急発進等抑制装置として認定しました。

    2.安全運転サポート車
サポカーには「ぶつからない技術」「飛び出さない技術」「はみ出さない技術」「ヘッドライト自動切り替え技術」などが備わっています。

3.高齢者の運転免許保有者数
2016年末の運転免許保有者数は約8,221万人で、その1年前と比較して約6万人増えています。
このうち75歳以上の運転免許保有者数は約513万人です。

4.運転免許の自主返納
運転免許証の自主返納制度は1998年に始まっていて、警察庁発表によると運転免許証を自主返納した75歳以上の方は2018年の1年間で全国で292,089人と前年を38,152人上まわりました。

高齢者ドライバーだけではなく、痛ましい自動車事故が減ることを願います。

タイトルとURLをコピーしました