恵方巻きの方角の決め方は?誰がどうやって決めているの?

この記事は約5分で読めます。

恵方巻きの方角の決め方は?

恵方巻きの方角はどうやって決められているのか、誰がどうやって決めているのか、今年はどの方角を向いて食べればいいのか?毎年節分の時期が来ると気になりますよね。

節分は、雑節の一つとして、春の始まりの立春の前日に邪気を追い払うために、豆をまきながら「鬼は外、福は内」と声を出して鬼を追い払い、豆を年齢の数だけ食べる風習ですが、最近では、恵方巻きも食べる人が増えています。

節分の日ですが、1985年から2020年までは2月3日でしたが、2021年は2月2日になります。

恵方巻きの方角の決め方はどうなっているのでしょうか?毎年、誰がどうやって決めているのでしょうか?ご覧ください。

スポンサーリンク

恵方巻きの方角の決め方

恵方巻きとは

恵方巻きとは

恵方巻きの風習は、節分の行事食として、「恵方巻」である太巻き寿司1本を、恵方を向いて、まるごと切らず丸かぶりして、願い事を思い浮かべながら無言で最後まで一気に食べきると願い事がかなうといわれています。

恵方巻きの発祥は大阪と言われていて関西では「丸かぶり寿司」といいますが、正確な発祥はわかりません。

恵方とは

God of Toshitoku.png
出典:歳徳神 – Wikipedia

恵方とは、歳徳神(としとくじん、とんどさん)という九星術の方位神のいらっしゃる方角で、恵方に向かって事を行えばあらゆることの縁起が良く、おめでたいとされています。

かつては節分の恵方巻きを食べるときだけではなく、初詣も恵方の方向の神社に参ったり、初めての事を行なうときは恵方に向かって行なっていました。

恵方巻きの方角の決め方

恵方巻きの方角の決め方

テレビなどで今年の恵方は南南東とか言われて、方角が毎年変わるので、神社か、お寺の関係者の誰かが何かの方法で毎年決めているのかと思っていました。

方角なので、東、西、南、北、北東、南東、南西、北西、北北東、東北東、東南東、南南東、南南西、西南西、西北西、北北西16通りのどこかが恵方になると思っていましたが、恵方は4方角しかありませんでした。

歳徳神は、毎年、居場所をお変えになられる神様です。歳徳神がいらっしゃる方角が吉方で、恵方または「明の方(あけのかた)」といいます。

歳徳神がいらっしゃる恵方は、毎年変わりますが、東北東、西南西、南南東、北北西の4方角だけです。

歳徳神は1年毎にこの4方向のどこかに住まいを変えられているのです。

そして歳徳神がその年、4方角のどこにいらっしゃるかは、神社庁などに問い合わせしなくても、はるか未来の何年先の恵方の方角までも、もうすでに決まっています。

十干

恵方は、その年の十干(じっかん)で決まっています。

十干(じっかん)は、

  • 甲(こう、きのえ)十干の1番目
  • 乙(おつ、きのと)十干の2番目
  • 丙(へい、ひのえ)十干の3番目
  • 丁(てい、ひのと)十干の4番目
  • 戊(ぼ、つちのえ)十干の5番目
  • 己(き、つちのと)十干の6番目
  • 庚(こう、かのえ)十干の7番目
  • 辛(しん、かのと)十干の8番目
  • 壬(じん、みずのえ)十干の9番目
  • 癸(き、みずのと)十干の10番目

の10の要素から構成されています。

方角については十干の10個のうちの8個12支八卦のうちの4個を加えた24個の方角で分割されています。

この二十四山(にじゅうしざん)といわれる24分割法は風水や中国占術の多くで採用されています。

今、現代で普通に利用されているのは、東、西、南、北、北東、南東、南西、北西、北北東、東北東、東南東、南南東、南南西、西南西、西北西、北北西などの16通りなので、24方位の方角を16方位に直すと「やや南」というような微調整が必要になります。

下の表で見ますと、来年2021年は西暦の1の位が1なので恵方は「南南東やや南」になります。

年の十干 西暦年の1の位 次の年 恵方
24方位 十二支 16方位
甲・己 4・9 2024年 寅卯間 東北東やや東
乙・庚 0・5 2025年 申酉間 西南西やや西
丙・辛 1・6 2021年 巳午間 南南東やや南
戊・癸 3・8 2023年
丁・壬 2・7 2022年 亥子間 北北西やや北

 

Ehou-direction.png
CC 表示-継承 3.0, リンク

出典:歳徳神 – Wikipedia

ちなみに、古代中国では太陽が10個あって、毎日入れ替わりで昇って10日でひとめぐりすると考えられていました。

十干(じっかん)は10個の太陽に付けられた名前です。いまでも上旬、中旬、下旬という言い方がありますが、太陽が10日でひとめぐりすることを「旬」と言います。

スポンサーリンク

恵方巻きの方角の決め方は?誰がどうやって決めているの?のまとめ

恵方巻きの方角の決め方は、誰かがどうやって決めているというわけではなく、歳徳神がいらっしゃる縁起の良いとされる方角の恵方をすでに決めてあります。
恵方は毎年変わり、
  • 東北東
  • 西南西
  • 南南東
  • 北北西
の4方角だけです。
年の十干は西暦の1の位と対応していますので、2021年だったら、南南東やや南になります。
早い話が、恵方は、はるか昔に誰かが未来の分まで決めてあるので、現代に住む我々は、それに従った形で、風習として恵方巻きの丸かぶりを楽しむことが出来るわけです。
歳徳神がいらっしゃる恵方の方角を向いて黙々と太巻きを食べながら、願い事を神さまにお願いするなんてノスタルジックな反面、現世利益的な側面もあって、そんな風習を実践している私達って、けなげだな~なんて思ってしまいます。
さて恵方の方角がわかったところで、今年の節分もご家族皆さまで恵方巻きを楽しみましょう!
タイトルとURLをコピーしました