美容・健康

皮膚ガスとは?原因と対策で皮膚ガスを改善しましょう

この記事は約6分で読めます。
皮膚ガスとは?!原因と対策で皮膚ガスを改善しましょう

皮膚ガスとは?!原因と対策で皮膚ガスを改善しましょう

皮膚ガスとはなに?

こんな疑問にお答えします

「皮膚ガス」とは、あまり聞きなれない言葉ですが、情緒や食べ物、体調や加齢によって皮膚からでる臭いガスです。

皮膚ガスは、中高年の男性から多く出ていて、わかっているだけで300種類以上の皮膚ガスがあります。

皮膚ガスの原因を知って対策して、近くにいる人に臭い人と思われないようにしましょう。

この記事では「皮膚ガスとは?原因と対策で皮膚ガスを改善しましょう」を解説します。

皮膚ガスとは?

「皮膚ガス」とは、あまり聞きなれない言葉ですが、情緒や食べ物、体調や加齢によって生じる、心身のバロメーターです。

皮膚ガスは、体臭として身体の表面から出ている、揮発性物質の総称です。

皮膚ガスは、年代によって変化しますが、臭い的には「使い古しの油」や「チーズ」の臭いがします。

皮膚ガスの全部の種類は特定されていませんが、今までにわかっているものは、300種類以上あります。

皮膚ガスの一部をご紹介します。

  • アセトン
  • アセトアルデヒド
  • 酢酸
  • アンモニア
  • ジアセチル
  • トルエン
アセトン
アセトンはお腹が空いた状態や食事を少なくしたときによく出ます。
アセトアルデヒド

アセトアルデヒドはお酒を飲むと出てきます。

一般に二日酔いの原因と見なされています。いわゆる「酒臭さ」の原因の1つです。

酢酸

酢酸は汗をかくと臭う原因です。

夜間の酢酸放散量は睡眠の深さによって変化するため、睡眠の質を知るバロメーターとして期待されています。

アンモニア
アンモニアは、たんぱく質やアミノ酸の代謝の過程で、筋肉中のリボ核酸(AMP)の分解過程により生じます。
ジアセチル

ジアセチルは汗の中でも、特に頭部や首筋など汗をかきやすい部位から臭います。

ジアセチルの臭いは、30代~40代の男性で特に高いです。

トルエン
トルエンなど、通常生体内では産生されない化学物質も、皮膚から臭うことがあります。

皮膚ガスの原因

皮膚ガスの原因には、以下のようなものがあります。

  • 食事
  • 年代
  • 疲労
  • ストレス

食事

皮膚ガスの原因は、食事で摂取する、

  • タンパク質
  • 糖質
  • 脂質

などの物質や、皮膚の表面に出来る物質などです。

年代

年代の違いでも、皮膚ガスの原因が異なります。

若い人は、よく体を動かすので、多くは汗の臭いが皮膚ガスの原因です。

30代を過ぎた男性は、皮膚の表面から「ミドル脂臭」が出てきます。

ミドル脂臭は別名(中年男性臭)とも言われていて、原因は上にも出てきた「ジアセチル」という成分です。

さらに、年を重ねると加齢臭という有名な皮膚ガスが出てきます。

加齢臭は資生堂が1999年に発見しました。

加齢臭の臭いの原因物質は、皮脂が酸化して生じるノネナールです。

老化が原因でノネナールが増えますが、30代中頃から加齢臭がする人もいて、50代になる頃には臭いが強さを増します。

疲労

年代によっていろんな皮膚ガスが発生しますが、仕事などで疲れた時に疲労臭が発生します。

ストレス

また、年代に関係なくストレスでも皮膚ガスが発生します。

資生堂が皮膚ガスの研究をしていたところ、ストレスで「STチオジメタン」という成分の皮膚ガスが発生しました。

皮膚ガスの対策

皮膚ガスが出ていると、不快な臭いが発生するので、9つの対策をご紹介します。

  • シャワーやお風呂に入る
  • 香水などはウッディ系
  • ストレスを少なくする
  • お酒やタバコを控える
  • 食事に気を付けて、偏食にならないようにする
  • 生活のリズムを整え、寝不足にならないように気を付ける
  • 適度な運動をする
  • 季節の変わり目などにクリーニングに出す
  • 病気も疑ってみる

シャワーやお風呂に入る

朝、出かける前にシャワーを浴びて、夜、帰ってきたらお風呂に入りましょう。

そうすることで、皮脂汚れや汗をしっかり洗い流すことが出来るとともに、リラックスできるので、イヤな臭いを減らすことが出来ます。

香水などはウッディ系

香水や臭い付きの制汗剤もある程度有効ですが、皮膚ガスの種類によっては混ぜ合わさって変な臭いになることがあります。

シトラス系よりウッディ系の香水などをチョイスするといいでしょう。

ストレスを少なくする

皮膚ガスの原因の一部はストレスですので、ストレスをできるだけ少なくしましょう。

この厳しい社会でストレスを回避するのは難しいことなので、仕事がオフの時には自分の趣味に没頭したり、カラオケなどで充分にストレスを発散してください。

リラックスできる音楽を聴いたり、アロママッサージをするのもいいです。

お酒やタバコを控える

お酒の飲み過ぎやタバコの吸いすぎは、皮膚ガスがでなくても健康全般にもよくありませんのでやめましょう。

食事に気を付けて、偏食にならないようにする

肉や魚を食べすぎないようにすることと、ビタミンCや身体をさびさせないポリフェノールをたくさん摂取しましょう。

生活のリズムを整え、寝不足にならないように気を付ける

睡眠不足は健康に良くないし、ストレスになるので、最低でも7時間くらいは寝ましょう。

適度な運動をする

運動不足はよくありませんが、過度な運動もよくないので、適度な運動をしましょう。

季節の変わり目などにクリーニングに出す

季節の変わり目などに服をクリーニングに出して、服に付いてしまっている臭いを取り除きましょう。

病気も疑ってみる

なにかの病気が原因で皮膚ガスが発生することもあるので、臭い対策と共に病気を疑ってみることも必要です。

まとめ

まとめます。

  1. 皮膚ガスとは?
    「皮膚ガス」とは、情緒や食べ物、体調や加齢によって生じる皮膚からでる臭いガスです。
  2. 皮膚ガスの原因
      1. 食事
      2. 年代
      3. 疲労
      4. ストレス
  3. 皮膚ガスの対策
    1. シャワーやお風呂に入る
    2. 香水などはウッディ系
    3. ストレスを少なくする
    4. お酒やタバコを控える
    5. 食事に気を付けて、偏食にならないようにする
    6. 生活のリズムを整え、寝不足にならないように気を付ける
    7. 適度な運動をする
    8. 季節の変わり目などにクリーニングに出す
    9. 病気も疑ってみる

「皮膚ガスとは?原因と対策で皮膚ガスを改善しましょう」でした。

コメント