部屋がカビ臭いと病気になる?原因と対策で健康的に過ごしましょう

この記事は約6分で読めます。
部屋がカビ臭い

部屋がカビ臭い

部屋がカビ臭くないですか?

部屋がカビ臭い原因は、主にエアコンに付いてしまったカビです。他にはタンスの裏・部屋のスミ・下駄箱や押入れの奥などにもカビが発生します。

カビが見えないところに発生しているから部屋が臭ってしまっているのです。

部屋がカビ臭いと病気になる恐れがありますので、原因を知り対策をして健康的に過ごしましょう

スポンサーリンク

部屋がカビ臭いと病気の恐れがあります

カビ(黴)とは、菌類の一部の姿を指す言葉で、キノコ、酵母とともに真菌と呼ばれます。

真菌の中にはアスペルギルス属という分類があり、この中には「アスペルギルス・オリゼー」という二ホンコウジカビがあります。

「アスペルギルス・オリゼー」は、昔からお醤油やお味噌の発酵に役立てられていて、日本人の生活には欠かせないものとなっています。

しかし、真菌のアスペルギルス属の中に「アスペルギルス・フミガーツス」というカビは病気を引き起こします。吸い込むと肺アスペルギルス症になる危険があります。

「アスペルギルス・フミガーツス」は、土の中や空気中や穀物にもある真菌なのですが、空中に漂っている胞子を吸い込んでしまうと感染してしまいます。

この肺アスペルギルス症の主な症状は咳や痰、胸の痛み、呼吸困難などですが、肺の空洞にカビの塊ができる肺アスペルギローマを引き起こしてしまうことも珍しくありません。

さらに、ステロイドや免疫抑制剤を使っているときには、侵襲性肺アスペルギルス症という病気になることもあり、カビの真菌が血管の中に入ってきていろいろな臓器を壊してしまいます。

また、肺だけでなく副鼻腔炎や外耳道炎を引き起こすこともあります。

近年は、アスペルギルス・フミガーツスというカビによる病気が増えていますが、早めの治療で治る病気になっています。

アスペルギルス・フミガーツスは、エアコンの内部で増えるカビなので、エアコンの掃除を怠らないようにして病気にならないようにしましょう。

カビは人間にとって有用なものもありますが、病気を引き起こしてしまう怖いカビもありますので、掃除をこまめにしてカビと一緒に暮らさないことが大事です。

スポンサーリンク

部屋がカビ臭い時の原因

春や秋など窓を開けるだけで換気ができる季節はいいですが、近年の夏は、酷暑と呼ばれるくらいの暑さに見舞われます。

暑い時は熱中症にならないようにエアコンのクーラーが必須ですが、エアコンを付けると「もあっと」カビ臭いときがあります。

部屋がカビ臭い時の原因はエアコン内部にカビが発生しているからです。

カビが発生する原因は、

  • 「酸素がある」
  • 「湿度が80%以上ある」
  • 「気温が20~30度」

です。

まさしくエアコンの中はカビにとって発生する原因が整った天国状態なんです。その状態でエアコンを付けるとカビが部屋に舞ってしまいますので、カビを舞き散らさないようにエアコンをきれいにしましょう。

部屋がカビ臭い時の他の原因としては、カビはエアコンのほかにもタンスの裏部屋のスミ下駄箱・押入れの奥などにも発生しています。

気づかないで見えないところにカビが発生しているから、部屋が臭ってしまっていたんです。

スポンサーリンク

部屋がカビ臭い時の対策

部屋がカビ臭い時の対策としては、とことん掃除をすることです。

掃除をすればカビはなくなります。

次からは、部屋がカビ臭い時の対策としての掃除方法をご紹介します。

部屋のエアコンのフィルターやファンやフィンをキレイにする

久しぶりにエアコンを付けた時の嫌な臭いはカビの臭いなので、カビ対策としてエアコンを付ける前にはフィルターやファンやフィンを掃除しましょう。

しかし、いざ掃除しようと思ってもエアコンは高いところにあるので、掃除は面倒ですよね。でも病気にはなりたくはないと思います。

そこで、エアコンのお掃除を「おそうじ本舗」にまかせてみませんか?

おそうじ本舗は全国47都道府県1,400店舗展開しているハウスクリーニング業者です。業界店舗数No.1で安心と信頼のサービス実績があります。

おそうじ本舗のエアコンのお掃除は全メーカー・全機種に対応していますので、あなたの家のエアコンも大丈夫です。今までに140万台以上のエアコンお掃除のサービス実績があります。

実際に訪問してくれるのはサービス、技術、接客など一定以上のクオリティーに達した「おそうじ本舗」のライセンス保持者が担当します。

↓↓↓公式ページ↓↓↓


エアコンのカビの匂いの応急対策

エアコンのフィルターやファンやフィンの掃除をする前の、匂いの応急対策としてすぐ出来る方法をご紹介します。

エアコンの運転を開始したあと約10分間は窓を開けておく

エアコンを運転したすぐあとは、一度にカビの胞子がエアコンの外に出てきて臭い匂いの原因になります。

応急対策としてエアコンを付けたらすぐに窓を開けましょう。

約10分間窓を開けておいて外にカビの胞子を出してしまえば部屋の中にはカビの臭いはそれほどしないはずです。

冷房のときは室温を27度以下に設定しましょう

臭いは気温が低いと空気中に蒸発しにくくなるので、臭いがあっても感じにくくなります。

なので夏に冷房にした時に部屋が臭かった時には、27℃以下の低い温度に設定してみてください。

1時間以上高温で送風運転してみましょう

夏の暑いときはできませんが、エアコンの設定温度を高くして窓を開けて、1時間以上送風運転をしてみましょう。

カビ菌は湿気に強いですが、乾燥に弱いのでカビ菌が減ってくれます。

部屋のクローゼットや押入れ、下駄箱の掃除の仕方

部屋のクローゼットや押入れの中に衣類などを詰め込まないようにしましょう。

また、衣類はクリーニングに出したら袋はとりましょう。袋を付けたままにしておくと、衣類の風通しが悪くなりカビが発生する原因になります。

風通しをよくする

クローゼットや下駄箱の風通しを良くしましょう。

「すのこ」を100均やホームセンターで買ってきて、モノを置く前に「すのこ」を置き風通しをよくしましょう。

収納している服や靴を時々外に出す

いわゆる「虫干し」というやつですね。3か月に1回の割合で虫干しをするといいでしょう。

部屋全体の湿度を下げる

部屋に湿気をこもらせないように、たまには窓を開けて部屋に風を通すようにしましょう。

外が雨で洗濯物を部屋干しするときには、部屋の中ではなくて浴室に干して浴室乾燥機を使いましょう。

浴室乾燥機がなければ浴室の換気扇を回すなどしましょう。

時間やお金に余裕があれば、部屋干しにしないでコインランドリーを使うのも良いでしょう。

そしてなかなか洗濯物が乾かない時には、アイロンを使って洗濯物を熱で乾燥させましょう。

スポンサーリンク

まとめ

  1. 部屋がカビ臭いと健康被害の恐れあり
    アスペルギルス属でも「アスペルギルス・フミガーツス」というカビは、病気を引き起こします。

    吸い込むと肺アスペルギルス症になる恐れがあります。治療法は確立している病気ですが、エアコンにカビがついていると、アスペルギルス・フミガーツスによる病気によくなりやすいのでエアコンの掃除は怠らないようにしましょう。

  2. 部屋がカビ臭い時の原因
    部屋がカビ臭い主な原因はエアコンのカビのせいです。もっと詳しく言うとカビが発生しやすい状態にあるんです。

    カビが発生する原因は、
    • 「酸素があること」
    • 「湿度が80%以上あること」
    • 「気温が20~30度のとき」

    です。

  3. 部屋がカビ臭い時の対策
    1. 部屋のエアコンのフィルターやファンやフィンをキレイにする
    2. エアコンのカビの匂いの応急対策
      1. エアコンの運転を開始したあと約10分間は窓を開けておく
      2. 冷房のときは室温を27度以下に設定する
      3. 1時間以上高温で送風運転してみる
    3. 部屋のクローゼットや押入れ、下駄箱の掃除の仕方
      1. 風通しをよくする
      2. 収納している服や靴を時々外に出す
    4. 部屋全体の湿度を下げる

カビが原因の病気にはなりたくないと思います。

カビは怖いので、みなさまも部屋やエアコンなどをいつも清潔に保っていてくださいね。エアコンクリーニングなら【おそうじ本舗】

タイトルとURLをコピーしました