赤身魚と白身魚の種類は?なぜ赤身と白身なのか?青魚との違いは?

この記事は約4分で読めます。
赤身魚と白身魚の種類は?

赤身魚と白身魚の種類は?

お魚は、お寿司・お刺し身・焼く・煮るなどして食べたら美味しいです。

赤身と白身がありますが、なぜ2種類の色に分かれているのでしょうか?

青魚といわれる魚もありますが、赤身魚と白身魚と比べてどんな違いがあるのでしょうか?

この記事では、赤身魚と白身魚と青魚の種類とその色の理由をお伝えしています。

スポンサーリンク

赤身魚の種類

赤身の魚は身の色が赤い魚です。

代表的な赤身魚はマグロ、ブリ、カツオ、サンマ、サバ、アジ、イワシなどです。

鉄分が多く含まれていて濃い味で硬めの肉質を持ちます。

スポンサーリンク

白身魚の種類

白身の魚は身の色が白い魚です。

代表的な白身魚はタイ、ヒラメ、アナゴ、サケ、マス、スズキ、フグ、キスなどです。

あっさりとして蛋白でクセがなく、身は柔らかくてほぐしやすく、脂肪の量が少なく低カロリーで味は薄いです。

スポンサーリンク

赤身の理由

赤身の理由

赤身の理由

赤身の魚は回遊魚に多く常に泳いでいるので、持久力が高くなくてはいけません。

そのために大量の酸素を必要とします。

たとえていうなら陸上の長距離のマラソン選手のようです。

赤身の魚には酸素を運搬するヘモグロビンと、酸素を供給するミオグロビンが多く含まれています。

そのヘモグロビンとミオグロビンが赤い色素です。

水産学では100gあたりのヘモグロビンとミオグロビンの含有量が10mg以上のものを赤身魚、10mg以下のものを白身魚としています。

スポンサーリンク

白身の理由

白身の理由

白身の理由

白身の魚は岩礁や海底、砂地などに身をひそめて生息しているものが多く、獲物を捕る時や逃げるときに泳ぐ魚が多いです。

瞬発力を必要とし酸素はあまり必要としないため、ヘモグロビンとミオグロビンの含有量が少ないので身が白く見えます。

たとえていうなら陸上の短距離の100m走の選手のようです。

スポンサーリンク

鮭・真鯛・キンキはどっち

鮭は赤身・白身どっち?

鮭は赤身・白身どっち?

鮭は餌であるエビやカニに含まれている赤い色素のアスタキサンチンが蓄積されて赤くなりますが白身魚です。

養殖で育てているサケのエサにアスタキサンチンを添加しないとその身は白色になります。

鯛

キンキ

キンキ

真鯛やキンキも白身魚ですが、アスタキサンチンを身体の表面に蓄積するので外から見たら赤く見えます。

スポンサーリンク

青魚は?

サバは青魚

サバは青魚

代表的な青魚はサバ、サンマ、ニシン、アジ、イワシなどです。

青魚というのは身の種類が赤身の魚や白身の魚という分類ではなく、魚の背中の色が青い色の魚を言います。

青魚にはDHAやEPAが多く含まれています。

アメリカで妊娠中にDHAやEPAなどのオメガ3系不飽和脂肪酸を摂取した妊婦から生まれた子どもの知能指数は、摂取しなかった子どもに比べて高いという研究成果があります。

また、DHAとEPAは血液と肝臓の中性脂肪を低下させることができるといわれています。

スポンサーリンク

まとめ

赤身魚は、回遊魚に多く、大量の酸素が必要なので酸素を運ぶヘモグロビンや酸素を供給するミオグロビンが多い。

ヘモグロビンとミオグロビンには赤い色素が多く含まれる。

白身魚は、岩礁や海底、砂地などに生息しているものが多く、大量の酸素を必要としないためヘモグロビンとミオグロビンの含有量が少ないので白く見える。

青魚は、身の種類が赤身や白身の魚という分類ではなく魚の背中の色が青い色の魚を言う。

日本人は昔に比べて魚を食べなくなってきています。

魚介類には良質の動物性タンパク質やビタミンだけでなく、動脈硬化の予防が期待されるDHAなど健康維持に役立つとされる成分がたくさん含まれています。

もっと魚を食べて健康的な食生活をおくりましょう。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました