ステンレス製包丁の研ぎ方は?砥石と研ぎ器とシャープナーの違い

この記事は約6分で読めます。
ステンレス製包丁の研ぎ方は?

ステンレス製包丁の研ぎ方は?

ステンレス製包丁は安くてさびにくくて長持ちするので、いつも使っていると思いますがトマトが潰れるなどして切れ味が悪くなってきます。

切れにくくなったら研いで切れ味を復活させますが、ステンレス製包丁の砥石での研ぎ方と砥石と研ぎ器とシャープナーの違いをご紹介します。

スポンサーリンク

ステンレス製包丁の研ぎ方

まず、

1.蒸れたタオルを平らなところにひいて十分に濡らした砥石をおきます。

そこから、

2.包丁を45度におき背中である峰の部分を4~5ミリほど上げた状態にします。

そして

3.歯の部分に指を3本置きゆっくりとリズミカルに研いでいきます。

この時、手を滑らせないこと。

手を滑らせると手を切ってしまい大惨事になります。1回知人が手を切ってしまい血の海になりました。

気をつけましょう。

スポンサーリンク

 ステンレス製包丁を研ぐ砥石の選び方

ステンレス製包丁を研ぐ砥石の選び方ですが大きく分けると砥石は「荒砥石」「中砥石」「仕上げ砥石」の3種類になります。

荒砥石は大きく欠けた刃先を修理する時に使います。

中砥石は日常的に切れ味を出すために使います。

仕上げ砥石は中砥石で研いだ後に出来た細かい傷を取るためや、さらに鋭い切れ味を出したいときに使います。

料理のプロは研ぎやすい砥石を3種類の中から選んでいますが家庭で使う私たちは基本的には中砥石があれば用は足りると思います。

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 #1000
中砥ですが荒砥がいらないといわれるほど良く刃が付き、荒・中兼用の砥石として便利な#1000の中砥石です。

NESHEXST 雑誌ドゥーパ!掲載モデル 剛力砥石 包丁 研ぎ石 両面砥石 セット #1000/#6000 料理人推薦
包丁を研ぐ時は中砥石と仕上げ砥石の2種類の砥石が必要になる時がありますが2つ使い分けるのは面倒です。両面砥石はこれ1つあれば大丈夫です。【一番鋭く研げる中砥石1000/仕上げ砥石6000番を採用】

キングデラックス No.1000(標準型) 207x66x34 粒度:#1000 中仕上げ用
あらゆる刃物の中研ぎ用砥石として開発された品です。特殊砥材にて製作されていますので品質は永久不変で短時間で切れ味が冴えるするどい刃が付き作業の能率を高めます。

包丁砥石 両面砥石 包丁研ぎ砥石 研ぎ専用 ゴム台が付き 家庭用中砥石/仕上砥石 日本語取扱書付き (#1000/#6000)
【両面砥石1個で2役】一般の方はもちろんプロもご使用頂ける最高級の人造両面砥石で#1000番で刃の潰れなどのを修正し#6000番で刃先の細かい傷を取り除き切れ味が長く保たれます。

【WETRY】砥石 包丁 研ぎ石 両面砥石 #1000/#6000 中砥石/仕上砥石 ステンレス 鋼 プロ用 家庭用砥石 日本語説明書付き
【両面研磨石】粒度1000(中砥)粒度6000(仕上げ)の2種類の砥石を使用できる両面砥石。中砥石は切れ味が悪くなった時、仕上砥石はより良い切れ味を追求したい時に一番鋭く研げる番手をセレクトしました。

スエヒロ 砥ぎ器 キッチン両面砥石
スエヒロは砥石専門店です。普段の料理前に簡単にキッチンで研げる形状をしています。セラミック製なので鋼なども研げます。

SK11 両面ダイヤモンド砥石
ステンレス包丁も研げるダイヤモンド砥石です。工具メーカーの商品で一般的な砥石より摩耗に強く定期的な修正がいりません。また、場所を取らないというメリットもあり収納場所に困らないのでマンションなどの方にオススメです。

引っ越しの挨拶はしない?戸建て・集合住宅・分譲・賃貸・家族・単身・コロナ禍

兼定 包丁両面砥石荒
製造元の兼定は金属用品の工具のメーカーで有名です。ステンレス・鋼製包丁など複数の種類の素材の包丁に使える砥石なため、いくつもの包丁を持っている方で使い分けている人にぴったりです。

エビ印 研ぎ補助具付角砥石 かんたん とぎジョーズ
研ぐときに使う補助器が付いているので初心者でもケガをする心配もなくて大丈夫です。包丁を日常のお手入れでよく使うのにピッタリな粒度で日常生活で砥石に慣れたい方や初心者にピッタリです。

フォーエバー ダイヤモンドシャープナー(研台付き)
セラミック・ステンレスなど大部分の材料の刃物に対応している便利なシャープナーです。包丁だけでなくハサミにも使います。コンパクトで吊り下げることができるので場所を取りません。

貝印 関孫六 ダイヤモンド&セラミックシャープナー
刃物を中心に製造している岐阜のメーカーのものです。岐阜県関市の刀匠である「関孫六」の名前が付けらえています。見た目はコンパクトですが蓋をずらすと荒砥ぎ・中研ぎ・仕上げの3種類ができます。包丁を斜めでなくまっすぐ引くことが上手に研ぐポイントです。

京セラ セラミック ロールシャープナー
よくある簡易研ぎ器とは違い長持ちしますし、きれいに研げます。コンパクトなのでキッチンにおいてあって切れ味悪ければすぐにとげます。鋼などでもよく研げます。

貝印 【片手でラクラク包丁砥ぎ】 Qシャープナー
普段に使うときにデザインにこだわって研ぎたい方にお勧めです。研磨部分はセラミック包丁も研げるようにダイヤモンドが施されています。水を扱うキッチンでも安定して使えます。包丁をいれて研ぐ部分は左右に入り口があり中研ぎと仕上げ用にあります。刃物の中でも片刃は対象外ですが両刃ならとげます。料理をする前にさっと研げるのはいいですよね。

マーナ お魚包丁とぎ 「HAPPY COOKING」
HAPPY COOKINGはかわいい魚の形をしています。そこにマグネットがついているので使わないときには冷蔵庫に貼り付けます。切れ目に包丁を通すだけで研げることができるので便利です。本格的なお手入れは砥石で普段はこの「HAPPY COOKING」でお手入れできますね。

スポンサーリンク

砥石と砥ぎ器とシャープナーの違い

研石は金属や岩石などを切削、研磨するための道具で天然砥石と人工砥石(人造砥石)という分類があります。包丁などの刃物を手作業で研いで切れ味を回復させます。

砥ぎ器(シャープナー)は摩擦で包丁やナイフを研いで復活させる道具で電動から手動まで様々なものが発売されています。

研ぎ器とシャープナーは日本語と外国語(英語)というだけで性能は変わらないようです。

スポンサーリンク

まとめ

  • ステンレス製包丁の研ぎ方
  • ステンレス製包丁を研ぐ砥石の選び方
  • 砥石と研ぎ器とシャープナーの違い

についてお伝えいたしました。

いろいろな種類の砥石があるので自分に合った砥石を選んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました