ニウエはどんな国?位置や行き方や観光やキャラクター通貨は?

この記事は約6分で読めます。

「世界ふしぎ発見!」で、「世界で一番新しい国 南太平洋 ニウエ」が2019年4月13日(土)21時00分~21時54分に放送されました。

「ニウエはどんな国?位置や行き方や観光やキャラクター通貨は?」で放送の一部内容と調べたことをご紹介します。

ニウエの位置

ニウエは、南太平洋のニュージーランドの北東約2,400キロメートル、トンガの北東約480キロメートル、サモアの南東約560キロメートルに位置しています。

ニウエの面積は約259平方kmで鹿児島県徳之島とほぼ同じです。周囲は60キロなので1時間で周れてしまいます。

日本との時差はマイナス20時間です。

首都はアロフィで人口が集中していますが、国全体でわずか1,520人です。

ニウエへの行き方

 

出典:ニュージーランド航空

日本からニウエまでの直行便は現在はありません。

日本からニュージーランドの「オークランド」まで国際線直行便で約11時間のフライト、ニュージーランドの「オークランド」からニウエの首都「アロフィ」まで国際線直行便で約3時間30分のフライトになっています。

ニュージーランドのオークランドからニウエのアロフィまでは毎日運航していないで、ニュージーランド航空で週に2便運航しています。

オークランドからニウエのアロフィまでは土曜日と火曜日、帰りは、ニウエのアロフィからオークランドまでは金曜日と月曜日です。

ニュージーランド航空は、ニュージーランドへ直行便を運航する唯一のエアラインです。安心の諸税込み総額表示です。航空券の購入は発券手数料無料、最安価格保証の公式サイトがおトクです!

ニウエの雑学

ニウエが日本に国家として承認されたのは2015(平成27)年5月15日なのでまだ4年しか経過していません。日本から見たら一番新しい国がニウエなのです。

鶏は野生なので取り放題です。

平均年収は約250万円です。

食料品は全部輸入なので物価は高いですが、全ての家庭が畑を持っていて食料の半分は自給自足で生活しています。

刑務所に塀はないです。凶悪な事件がないので囚人は少ないですが、常時労働力が足りないので時間になると昼間に仕事に行けるそうです。

ニウエには学校が1つあって、幼稚園から高校まで440人の子どもたちが学んでいます。授業料は国が負担しているので無料で学べます。

男子は生まれた後、髪を切らずに伸ばし続けて5歳になったら断髪式をやります。

14歳になったら法律により運転ができるようになります。ニウエにはバスなどの公共交通機関がないので自家用車がないと不便なのです。

教習所がないので、運転を覚えるときには、親が運転の仕方を教えて警官が立ち会ってパスすれば運転免許がもらえます。

ニウエの通貨

通貨はニュージーランドドルです。

ただ、ニウエ国限定で使える通貨があります。ニュージーランドの造幣局がつ製造した通貨でポケモンディズニースターウォーズ他、枚数限定のもあるのでプレミアムが付くかもしれません。

世界ふしぎ発見!でもハチ公ジャイアントパンダの通貨が紹介されていました。2ドルを90ドルで売っています。
国が通貨発行による外貨獲得で利益を得ています。

ニウエの産業

農業、漁業、観光業が主な産業ですが、ニウエ国内での仕事が少ないため、働く場所を探してニュージーランドに移住する人々からの送金が、ニウエの主な国家収入になっています。

1,500人しかいない人口のさらなる減少が切実な問題になっています。

ニュージーランドからの援助で観光に力を入れようとしましたが、目立った観光地などがないため、飛行機の定期直行便は今は就航していないです。

その他の産業としては、切手の販売、nuドメインの販売、キャラクター通貨の販売などを行なっています。

ニウエの観光情報

ここまで読んでくると、ニウエには山や湖はなく目立った観光地がないので、観光するにはあまりおもしろくないみたいな印象を受けます。

しかし、ニュージーランド航空のニウエの観光情報を見ると全然違います。

要約しますと、

・大自然と世界最大のサンゴ礁を見ることが出来ます。

ザトウクジライルカたちを驚くほど近くで見ることができます。

・静かな入江は泳ぐことも出来て、水中の透明度は100Mもあります。

・陸ではマウンテンバイク洞窟体験、手つかずの熱帯雨林柱状のサンゴ礁突起(ピナクル)が見られるハイキング熱帯魚も見ることが出来ます。

・島のいたるところに映画のロケ地のような風景が広がっています。

・公用語は英語で、ホテルなどでは公英語が使えるのでニウエ語が喋れなくても安心です。ニウエ人はとても気さくだそうです。

・ニウエに行く一番いい時期は5~10月の雨の少ない時期です。

※2004年1月にはサイクロン・ヘタにより国営ホテルが壊滅する被害を受けたこともあるので、雨の多い時期は危険なので避けたほうがいいでしょう。

各種予防接種を受けるのが望ましいことと、デング熱ウィルスに対するワクチンがないためリゾートエリア以外を移動する場合は、蚊帳と虫除け剤の使用が推奨されていることと、フィジーでは、ジカウイルスが報告されているので、妊婦さんは旅行前に最新情報を入手したほうが良いそうです。

・物価は高いそうです。クレジットカードを使える場所は少ないためガソリン代、レンタカー代、ツアーに使う
現金を多く持っていくほうがいいでしょう。

詳しくはニュージーランド航空を御覧ください。
https://www.airnewzealand.jp/destination-niue

まとめ

ニウエ国は少ない人口がさらに減少していて、昔あった飛行機の直行便がなくなるなどしていますが、未来を担う子どもたちが明るく、事件も少なく治安もよく、とてもフレンドリーな国だと思いました。

観光するにも、手付かずの大自然が豊富で小さいながらもとても魅力的だと思います。

ニウエ国だけで流通する通貨も遊び心があって、キャラクターの通貨を使うのは楽しいと思います。もったいなくて使えないですが・・・。

以上、ニウエ国のご紹介でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました