2022年の成人の日はいつ?由来は?成人について

この記事は約5分で読めます。
成人の日

成人の日

2022年の成人の日はいつでしょうか?

国民の休日である成人の日は、平成11年(1999年)までは1月15日でしたが、現在の成人の日は毎年変わります。

「2022年の成人の日はいつ?由来は?成人について」ご紹介しています。

スポンサーリンク

2022年の成人の日はいつ?

2022年の成人の日は1月10日月曜日です。

成人の日は、2000年に導入されたハッピーマンデー制度により、1月の第2月曜日になるので、1月8日から14日までの間の月曜日になります。

ハッピーマンデー導入前の成人の日は1月15日で、曜日は不定期でした。

連休にならなかった年には、休みが1日しか取れないので、ふるさとでの成人式の参加が難しい新成人も多かったです。

確実に成人式に参加してもらうために、正月中やゴールデンウイークやお盆などに成人式を行っていた自治体も多く見受けられました。

2000年以降のハッピーマンデー導入後は、1月の第2月曜日やその前日の日曜日の開催に戻した自治体がありますが、現在でも東北地方などの豪雪地帯や寒冷地帯では、お盆に成人式を開催する自治体があります。

スポンサーリンク

成人の日の由来は?

成人の日は「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ことが趣旨になっています。

成人の日の由来は、成人式の元になっている元服(げんぷく)という儀式です。

元服とは、奈良時代以降の日本で、成人を示すものとして行われた儀式で、1月15日の小正月に元服の儀が行われていました。

男子は、数え年で12~16歳で元服の儀に参加し、氏神の前で大人の服に改めて、髪型も子供の髪型から大人の髪型にして冠をつけます。

女子の元服は江戸時代から始まり、結婚と同時かもしくは未婚でも、18~20歳でおこなっていました。

地味な着物を着て髪型も変えて、化粧は厚化粧になり歯はおはぐろにして、眉毛は剃ったり抜いたりしました。

室町時代以降は元服が民間にも普及して、現在でも、元服の儀式は一部の地域で存続しています。

元服の儀式が小正月である1月15日に行われていたことから、1月15日が成人の日として国民の祝日になりました。

スポンサーリンク

成人について

成人とは

単独で法律行為が行えるようになる年齢のことで、成年に達したものを成人または成年者と呼びます。

民法では「年齢二十歳をもって、成年とする。」という規定がありますので20歳以上が成年になります。

成人年齢の引き下げ

日本では明治9年以来、20歳で成年になりますが、選挙権年齢などが18歳に引き下げられたことで、18歳以上を成人として取り扱うことが適当ではないかという議論がでました。

世界を見ると、15歳までに成人となる国が存在しています。

2018年(平成30年)6月13日に、成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げることを柱とした法律の見直しが行われて、参院本会議で可決成立しました。

成人年齢の引き下げの施行は、2022年(令和4年)4月1日です。

北九州市の成人式

成人式といえば、北九州市の成人式は、毎年「ド派手な衣装」で多くのメディアで取り上げられて注目を集めます。

ド派手な衣装を着た新成人は特に注目されるので、北九州市の全員の新成人がド派手な衣装を着ていると思いがちですが、ほとんどの新成人は一般的な服装で参加しています。

成人式が荒れるのはなぜ

毎年決まって、一部の成人式で新成人が荒れるニュースが入ってきます。

会場から追い出されたり、警察につかまった新成人に、なぜ荒れたのかの理由を聞くと、

  • 「目立ちたかった」
  • 「盛り上げようと思った」

という動機が帰ってきます。

この荒れる成人式をなくすには、メディアが荒れる成人式の報道をやめてしまえばいいという意見がありますが、報道をやめただけで荒れなくなるのでしょうか?

新成人の一部が成人式で暴れるのは、彼らが自分の置かれている立場に納得していなくて、誰かにどんな形にせよ、認めてもらいたいという承認欲求のあらわれがあります。

しかし、成人式の主役は他でもない自分達だし、大人として認められたからには、心の葛藤を表面に出して荒れてしまうのは謹んだほうがいいと思います。

大人になるということは、

  • 自立すること
  • 責任感があること
  • 他の人の迷惑にならないようにすること
  • その他いろいろ

あると思います。

説教じみたことを書くつもりはありませんが、とにかく成人になったら、「大人としての自覚を持っていただきたい。」ただそれだけです。

スポンサーリンク

まとめ

  1. 2022年の成人の日はいつ?
    2022年の成人の日は、ハッピーマンデー制度により1月10日月曜日です。
  2. 成人の日の由来は?
    成人の日の由来は、成人式の元になっている元服(げんぷく)という儀式です。
  3. 成人について
    1. 成人とは
      成人とは単独で法律行為が行えるようになる年齢のことで、成年に達したものを成人または成年者と呼びます。

      1. 成人年齢の引き下げ
        2018年(平成30年)6月13日に、成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げることを柱とした法律の見直しが行われて、参院本会議で可決成立しました。

        成人年齢の引き下げの施行は、2022年(令和4年)4月1日です。

    2. 北九州市の成人式
      ド派手な衣装を着た新成人は特に注目されるので、北九州市の全員の新成人がド派手な衣装を着ていると思いがちですが、ほとんどの新成人は一般的な服装で参加しています。
    3. 成人式が荒れるのはなぜ
      新成人の一部が成人式で暴れるのは、彼らが自分の置かれている立場に納得していなくて、誰かにどんな形にせよ、認めてもらいたいという承認欲求のあらわれがあります。

以上、参考になれば幸いです。

ハロウィンで仮装する子供の衣装のアイデア!男女別にご紹介
コロナの影響でハロウィンで仮装を楽しむという機会は今年も少ないのでしょうか? ただ、外出自粛はしていても、自宅や友達の家などでハロウィンを楽しむことはできます。 ハロウィンで仮装する子供の衣装のアイデア!を男女別の衣装でご紹介いたします。
タイトルとURLをコピーしました